【かがやきの思い入れ】<第569話>「頼りにされる高齢者」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.757) 2017/11/17より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「頼りにされる高齢者」というタイトルで、84歳になるろう者男性についてご紹介したいと思います。

かがやき夢工場では、地域の工場から製品の組み立てや検品などのお仕事をいただき地元に貢献しようと活動しています。

しかしながら、かがやき夢農場のある山梨県北杜市では、少子高齢化の加速もあり「働き手」がいつも不足し深刻な人材不足になっているところもあります。

東京にあるかがやき夢工場では、そんな働き手の足らない地方の農家等に出かけて時には大人数で収穫の手伝いをしたり除草作業などをしています。

こうした活動を数年続けると、相手先の農家にも個別に名前を覚えられる人も出てきます。
来週は少人数ではありますが、今期最後の除草作業と苗の移し替えのお仕事。
既に3回参加しているかがやき夢工場の84歳の男性が、ご指名を受けました。

普通に考えれば高齢ではありますが、聞こえない話せないだけで若い世代の方と遜色の無い仕事をする上、年の功か気配りが行き届いた仕事をされていたことが評価された模様です。

「頼りにされる高齢者」は、次に続く世代のお手本でもあり希望となっております。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/05/11 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第568話>「お返しもうれしい収穫の秋」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.756) 2017/11/10より
    
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今回のかがやきの思い入れは、「お返しもうれしい収穫の秋」と題して、かがやき夢工場でお手伝いに行った数々の農家の中からお返しをいただいたことについて紹介したいと思います。

かがやきでは、障害者の側から健常者の役にたち社会に貢献していこうという、いわゆる従来型の障害者運動や活動とは一見正反対な活動をしております。

とどのつまりは「困ったときはお互い様」ですから、過疎化して働き手がいな くなった集落や人を雇ってまで人手を確保できない零細農家等のお手伝いをしています。

聞こえないけど、元気に動ける。
私たちの持ち味でもあろうかと思います。
時に人数が必要な場合は、東京から応援隊を組織してお手伝いに伺います。

ところが報酬が欲しくてお手伝いをしにいくのではないのですが、春に植えた野菜やお米が秋になった今になってそれぞれの農家から送られてきます。
「まずは与えよ」と、どなたかがおっしゃったように記憶しておりますが、私たち流に言えば、まずは自分の出来ることで助けに行こうだと思います。

たとえすぐにお礼のようなものがいただけなくても、結果としてお互いが幸せ になれればいいと思うのです。
お手伝いを通じて学んだ経験は、間違いなく自分の身についていますから。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/05/04 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第567話>「やっておけばよかった」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.755) 2017/11/03より
    
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「やっておけばよかった」と題して、昨日三鷹市主催のパソコン講座に講師として出かけた話につにいてご紹介したいと思います。

三鷹市では毎年聴覚障害者向けのパソコン講座を開催されています。
お陰様で毎年かがやきパソコンスクールが担当させていただいております。

そこでこれまでパソコンもスマホも持ったことのない75歳の男性が、生まれて初めてパソコンの電源を入れてから15分くらいでマウスを自在に操り絵を描きました。
75歳という高齢ではありますが、飲み込みも早く積極果敢に挑戦する姿に驚きました。

「やっておけばよかった」

今まで難しいものだと思って、避けて通っていたそうです。
かつてパソコンのCMで「なんだ簡単じゃないか」というセリフがあったことを思い出しました。

初めてのことに「怖いからやらない」と「わからないけどやってみよう」とでは、その後が大きく変わるのだろうと思いました。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/04/27 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第566話>「社会を体験し考え、自らがチャンスを作る」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.754) 2017/10/27より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今回のかがやきの思い入れは、「社会を体験し考え、自らがチャンスを作る」と題してかがやきが取り組んでいる施策の1つについて紹介したいと思います。

かがやきでは、誰でもが参加でき、参加したくない人には強制せず参加は自由意思に任せたイベントを年間を通じて開催しています。

誰もが同じではなく自分の意思で選択することによって、自立への道を自分で気づいてもらいたいからです。
同じなのは、チャンスだけです。
乗るかそるかは、個人の自由意思です。

決して強制はしません。
かといって、参加するかしないかを決めたのは自分の責任。
当たり前なことですが、当たり前の積み重ねが社会で自立していく基礎になるのではないかと思っております。

さあ、11月は歴史探訪とリンゴ狩りの体験です。
そこで何を学びどう生かすかも、その人自身にかかってくるわけです。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/04/20 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第565話>「社会を体験し考え、自らがチャンスを作る」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.753) 2017/10/20より
    
<第564話>「やれることをやってみる」
    
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「やれることをやってみる」と題して、本日初めて新規のお取引先にな
ろうかという企業様に、弊社のろう者(聞こえない話せない)社員を行かせた
話につにいてご紹介したいと思います。

かがやきでは、障害者就労継続支援施設(B型)である、かがやき夢工場を運
営しております。
そこの職員のほとんどが、ろう者です。
今回たまたま新規でお取引先を得られそうな相手に、ろう者自身が営業に出か
けていくということにしました。
いきなり行っても言葉が通じないので、今回初めて外部の手話通訳者を依頼し
てみました。
弊社では自前で手話通訳がおりますので、外部に委託した経験がなかったこと
もあったので初めての試みとしてお金を払って正規なルートで外部の通訳者を
頼んでみました。

その結果弊社のろう者社員は、ほぼ成約に近い成果を上げてきてくれました。

もちろん事前の社内での打ち合わせをしましたが、営業に出たら先では自分の
任務として取り組まなければなりません。
よくぞやってくれたものだと嬉しく思う反面、言語の壁の高さを感じたもので
す。
聞こえない私たちが世に出てお役に立つには、やはり様々な形での「助け合い」
というネットワークを作っていく必要があるのだと感じました


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/04/13 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)