スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第339話>「育てるということは、自分も育つということ」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.527) 2013/04/12より
     
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「育てるということは、自分も育つということ」と題して、山梨県に立ち上げた「かがやき夢農場」での農作業をしながら、「かがやきパソコンスクール」や「かがやき夢工場」での活動を振り返ってみました。

農作業未体験だった私には、かがやき夢農場での作業が知らないことばかりで毎日目新しく映ります。
ただ、作業をよくよく観察していくと、かがやきパソコンスクールであったりかがやき夢工場と重なってくるものが見えてきます。

作物を育てることも、人を育てることも、育てる方も育てられる側もお互いに生き物として関わっていくわけです。
つまり「お互い様」の関係なんだなと。
育てるとか育てられるとかは、一面からすると一方通行のように見えますが、反面から見ると自分が育つから相手も育つとも見えてきます。

そういえば確かにパソコンスクールでも夢工場でも、お客さまが育ちやすい環境を作ろうと努力をしてきましたが、それぞれのお客さまが育つにつれて、こちらも同様にお客さまに育てられてきたことを実感します。

作物を育てる側や先生と呼ばれる側が偉いというのではなくて、育ってくれる相手がまた育ててくれるので、どこまで行ってもお互い様なのですね。
出会った時の「役割」は違えど、育てる側も育てられる側も、相互に影響し合いながらお互いが育っていく形が良い形と言えると思います。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2014/01/17 15:51] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。