スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第328話>「パソコンを使ったお仕事」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.516) 2013/01/25より
     
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「パソコンを使ったお仕事」と題して、私どもでよく相談を受ける「パソコンを使った仕事がしたい」という話題についてご紹介したいと思います。

私どもでは、就職を目指したり現在の仕事をより高めたいという目的を持ってパソコンやインターネットを学ぼうとする方々のサポートをしております。そのほとんどが、音を聞くことができない聴覚障害をお持ちの方です。

現在仕事をしている方はともかく、これから就職先を探したいという方の多くが「パソコンを使った仕事をしたい」という希望をお持ちです。

仕事にパソコンを活用することは、能率も上がることが多くお勧めできることなのですが、そこでちょっと待ってくださいという場面も少なくはありません。
それは「パソコンが使える=仕事が出来る」と勘違いされている方も少なくないからです。

パソコンはあくまでも仕事のスピードを上げ、効率よく仕事をするための「道具」の1つです。
つまり絵を描く際の絵筆であり絵の具のようなもので、自分の考えや決められた作業を形にしていくための道具です。
ですからいくらパソコンの使い方を覚えても、他の人に役立つような自分自身の能力を表現できる力がないと役に立つ場面も限られてきます。

筆の使い方を覚えたところで絵が描けるわけではないのと同じように、パソコンが使えるようになったところで「その先に何をするのか」が無いと、仕事で活かすことは容易ではありません。それと同時に資格を取れば仕事ができるというのも、同様に勘違いの1つではないでしょうか。

その先にどうするのか、どうしたいから道具としてのパソコンを覚えるのか、
ここからアドバイスをしていくのが「かがやき流」の1つでもあります。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/12/10 12:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。