【かがやきの思い入れ】<第327話>「映像が作る手話コミュニケーション」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.515) 2013/01/11より

     
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「映像が作る手話コミュニケーション」と題して、今週からスタートしたかがやき夢工場での映像製作講座についてご紹介したいと思います。

かがやき夢工場では、手話で会話をする人がほとんどです。手話を使ったコミュニケーションにはお互いの意思を疎通させるための良い点も沢山あるのですが、いかんせん動きのあるものですから紙に落として配布するということが出来ないという難点がありました。

最近では家庭用ビデオカメラや携帯電話のビデオカメラ機能など、当たり前のようにそこかしこにビデオ撮影の出来る機器が普及してきた昨今、これをない手は無いでしょうというのが私の持論です。

インターネットの普及と発達によって、今では携帯電話からでも簡単に映像を撮影して世界に情報を発信できる時代となっています。
手話という動きのある言葉を、あたかも印刷して配布できるかのような便利さを享受しないのはもったいない話だと思うのです。

自分の言葉をそのまま保存することも、今では難しい手続きも高価な機材をそろえる必要なく出来るようになりました。
かがやき夢工場では、手話を記録として保存したり、手話で話す人が自分の葉で情報を発信していくことを勧めています。

日本語が苦手な人でも、表情豊かに手話を表現し、自分の思いを残したり人に伝えることが出来るからです。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/12/06 12:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)