【かがやきの思い入れ】<第321話>「防災意識を高める」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.509) 2012/11/30より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「防災意識を高める」と題して、かがやきでの防災の取り組みについてご紹介したいと思います。

防災と一口に言っても、天災もあり人災もあるわけです。
かがやき夢工場では、利用者さんを中心とした防災委員会を毎週開催し、天災と人災の2つの側面から防災を考え、小さなことから自分たちの手で実践しています。

冬は暖房を使う季節ですので、ご近所でも石油ストーブを使うなどそこかしこに火の気がある季節でもあります。
かがやきでは火の気はありませんが、外から燃え移ってくる火事を防ぐことはできません。

聞こえない人の集まる場所は、消防車や救急車のサイレンの音を聞くことができる人は少ししかいません。

こうした施設では、少数の聞こえる人たちが外からの情報を耳でキャッチし、聞こえない人に情報を伝達し、すみやかに指定の避難所へ移動するといった、日ごろからの防災訓練が効果的であると考えております。

天災も忘れた頃にやってくると言われますが、もしもの時に被害を最小限に抑えるためには日ごろから防災意識を高めておくことが大切ではないかと私は思っております。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/11/15 12:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)