スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第318話>「やり続けていてよかったと思えた時」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.506) 2012/11/02より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「やり続けていてよかったと思えた時」と題して、日曜日に参加してきた東京の聴覚障害者団体でのイベントでのことをご紹介したいと思います。

聴覚障害者のイベントは、聞こえない人や聞こえにくい人が便利になるような機器を開発したり情報を提供する企業などを集め、広い会場に商店街を模した形で行われました。
私のほうでは「かがやきグループ」として、かがやきパソコンスクールや夢工場の情報を提供したり、独自で開発した製品の紹介や夢工場の仲間が組み立てた「大人の鉛筆」の販売をしてきました。

私自身はお祭りに参加するつもりイベントに参加してきましたので、売り上げがあろうがなかろうが、一日楽しめたら良いというつもりで参加してきました。
聴覚障害者の生活を便利にする機器や情報などが参加企業各社からも展示されていたので、当事者の1人でもある私にとっても有益なイベントだったからです。

さて実際に参加してみると、知った顔が沢山いるではないですか。
以前かがやきパソコンスクールで学んだ仲間や、かがやき友の会の活動やイベントを手伝ってくれた仲間、あるいはどこかの講演や出張講座でお会いした方々など。

この世界10年が経ちましたが、その間に多勢の方がかかわってくださっていたのだなと、腹の底からありがたさを感じたものでした。
会場では当然のように入れ替わり立ち代り私どものブースに人が来て、なつかしい昔話にも花が咲いたものでした。

私自身はお目当ての他の企業の製品などを見て回る時間が取れませんでしたが、その分心温まる交流が出来たことで嬉しく思っています。
やりつづけてきたことが、本当によかったと思えた一日でした。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/11/05 12:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。