【かがやきの思い入れ】<第311話>「インターネットが広げるコミュニケーションの世界」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.499) 2012/09/14より

  
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「インターネットが広げるコミュニケーションの世界」と題して、昨日かがやき夢工場の利用者を対象行った「SNS講座」についてご紹介したいと思います。

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略称で、mixi(ミクシイ)やグリーなどインターネット上で人が集まりコミュニティを作っているサービスです。
(参考)IT用語辞典 e-word
http://e-words.jp/w/SNS.html

聞こえない人たちは、さまざまな地域でまばらに生活しており、近所に話の出来る相手も少なく孤独な時間を過ごすことが多いようです。
住んでいる地域でも、自分以外は全て音声会話を主体とする聞こえる人ばかりという話も、当たり前のように聞いています。

SNSはインターネットを通じて、距離や時間差に関係なく仲間との情報交換が出来る利点があります。
聞こえないからこそ積極的に活用し、コミュニケーションの輪を広げながら心豊かに暮らしていって欲しいと思っております。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/10/11 12:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)