【かがやきの思い入れ】<第309話>「生きる力は誰でも持っている」 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.497) 2012/08/31より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「生きる力は誰でも持っている」と題して、かがやきが一貫して取り組んでいる人材育成の姿勢についてご紹介したいと思います。

かがやきの2大事業であるパソコンスクールと夢工場も、基本は「自主性を尊重した人材育成」にあります。

「自主性」とは、さまざまなとらえ方があるでしょうが、そもそも人間が「生き物」として持っている「自らが成長しようという力」も潜在的な自主性の一つと私は見ています。

例えば畑に巻いた麦の種は、太陽のエネルギーと水の恵みと大地の栄養を吸収しながら自らが成長しようとしていきます。
芽を出してからも、自然の強い風や雨にさらされ、たとえ人や動物に踏みつけられてさえ、自らが成長していこうという生きる力を発揮しているように見えます。

農家は、麦が本来持っている「生きる力」を発揮しやすいようにサポートする仕事。
かがやきは、人間が本来持っている「生きる力」を発揮しやすいようにサポートする仕事。

私自身は、どちらも基本は同じであるように感じています。

自らが成長しようとする「生きる力」を、勝手に自分で限界を決めたり、やりもしないうちにあきらめて芽を摘んでしまうことのないように、伸び伸びと成長しやすい環境づくりに気を配るサポートを私たちの流儀としています。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/10/04 12:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)