【かがやきの思い入れ】<第251話>いつもの中に隠れた可能性 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.438) 2011/06/03より)
 
かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「いつもの中に隠れた可能性」と題して、私がお客さまからお話を伺う時に気をつけていることの1つをご紹介したいと思います。
 
お客さまからの話を伺っていると気がつくのですが、自分の生活の「いつものこと」の中で思考が止まってしまっている場面に遭遇します。
 
「いつも」とは、いったい何を指すのでしょう。
何かが繰り返し起こることを指すのなら、何回続くと「いつも」になるのでしょう。
 
へそ曲がりな私はむしろ、「同じことが続いていること」のほうが問題ではないでしょうか?と思えてくることもあります。
 
「いつも」という言葉で片付けてしまっては、そこから先の思考が止まってしまいます。
 
私は「いつも」をたな卸しして、「何故」と追いかけていくことからも、様々な可能性が発見できることを経験的に知っています。
 
お客さまの「いつも」は、私たちとお客さまの間での「気づき」の泉となっています。

<かがやきチャンネル>
 http://kagayaki.heteml.jp/channel/

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/03/08 17:16] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)