【かがやきの思い入れ】<第237話>わからない言葉を解決していく 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.424) 2011/02/18より)


かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
 
今回のかがやきの思い入れは「わからない言葉を解決していく」と題して、かがやきパソコンスクールで特にお客さまに気をつけているサポートの方法についてご紹介したいと思います。
 
何かを学習しようとする時に「わからない言葉」が出てくると、そこで思考が停止してしまうことがよくあります。
 
とりわけ耳から情報が入らず目で日本語を覚えてきた聴覚障害者には、聞こえる人に比べ読めない漢字や意味のわからない用語は私の経験の中では多いようです。
 
かがやきパソコンスクールでは「わからない言葉」や「読めない漢字」は、その時点で解説するなり、調べる方法をご案内するようにしています。
 
たとえ簡単な漢字や用語であっても、知らない人にはそれ自体がハードルになってしまいます。
 
一人ひとりがしっかりと力をつけていかれるように、こうした細かいところでも根気良くお客さまと向き合いながら呼吸を合わせていくことも私たちの仕事であり楽しみの1つでもあります。


<かがやきチャンネル>
 http://kagayaki.heteml.jp/channel/

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2013/01/17 17:38] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)