【かがやきの思い入れ】<第225話>評価は公平・公正に 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.412) 2010/11/19より)


かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
 
今回のかがやきの思い入れは「評価は公平・公正に」と題して、かがやきパソコンスクールで働くろう者(手話で話す聴覚障害者)スタッフについてご紹介したいと思います。
 
かがやきパソコンスクールは創立以来足掛け9年になりますが、一貫して行っていることは聞こえる人と聞こえない人の情報格差が生じないよう手話や筆談が当たり前の環境にしていることです。
 
この環境はお客さまだけではなく、かがやきパソコンスクールを職場とするろう者にもバリアフリーな環境となっています。
 
職場でのコミュニケーションに困ることがなければ、あとは自身の能力を生かしていくらでも活躍できる状況となります。
 
そしてその能力を発揮し成果をあげていくことにより、重要なポジションや仕事を任せてもらえるようになり、そのうち人の上に立って采配をふることも可となってきます。
 
聞こえない人が職場で能力を発揮するには、自分自身の努力も必要ではありますが、能力を発揮しやすい環境と公平・公正な評価を通じて、未来に希望をもてるような会社側の支援も大切だと思っております。

能力を身につけた聞こえない人が、その能力を遺憾なく発揮できる環境づくりのモデルとしても、かがやきパソコンスクールは自ら実践し続けていきます。


 <かがやきチャンネル>
 http://kagayaki.heteml.jp/channel/

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2012/11/29 12:43] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)