スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第195話>職場の危機管理と安全管理 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.382) 2010/04/23より)

 
皆さまこんにちは。かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。いつもメルマガのご愛読をありがとうございます。
 
今回は、「職場の危機管理と安全管理」と題して、かがやきパソコンスクールでの社員の役割分担についてご紹介したいと思います。
 
かがやきパソコンスクールでも世間と同様に、危機管理や安全管理についてマニュアル化し運用をしています。
 
かがやきパソコンスクールの特徴的なものとしては、お客さまも社員も音の聞こえない聴覚障害者です。従いまして、普段からの危機管理や安全管理には「聞こえないことを意識」したものでなければなりません。
 
万が一近くで火災などが発生した場合でも外の音は聞こえませんし、ましてや避難しなければならない時点でスピーカーやハンドマイクなどによる音声での誘導は役に立ちません。
 
かがやきパソコンスクールでは、危険な状況が発生した場合や普段からの音による異変の察知と社内での連絡は「聞こえる人の役目」として決めています。

もちろん非常時に持ち出すもの等についても予め決めてはありますが、まずは人命第一。
 
「聞こえる社員の普段からの基本動作」には、こうした内容を含めて音の聞こえないお客さまや社員の安全を確保する努力を続けています。



↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2012/04/26 17:14] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。