【かがやきの思い入れ】<第169話>お客さまの代弁者をする 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.355) 2009/10/09より)

皆さまこんにちは。かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメルマガのご愛読をありがとうございます。

さて今回のかがやきの思い入れは、「お客さまの代弁者をする」と題して、かがやきパソコンスクールがお客さまのパソコンや周辺環境に関するサポートについてご紹介したいと思います。

パソコンが故障したりインターネットにつなげなくなった時に、皆さまはどうされているでしょうか?聞こえる方もそうなのでしょうが、メーカーのサポートへの問い合わせや複数の企業を跨いだ故障や不具合の切り分けはシロウトにはハードルの高いものです。

とりわけ手話を日常の会話の手段とされている方には、さらに日本語での表現がうまくできない人も少なくはありません。

伝えたいことが伝わらない、相手の言うことがうまく理解できないといった形で、何度もやり取りしているうちに途中であきらめてしまう方も居ます。

かがやきパソコンスクールでは、そうした時にお客さまの代弁者としてメーカー等のサポートとのやりとりをすることがあります。

お客さまが手話で話し、それをスタッフが読み取って代わって電話をしたり、日本語の文章にしてメールやチャットによりメーカーのサポートとやりとりをします。

もちろん私たちのところで直せるものはご希望によって対処していますが、保障期間内の故障等はメーカーに修理してもらったほうが良い場合もあります。


耳が不自由であることは、そのまま言語的にも不自由しているケースもあります。
私たちはそんな聴覚障害を持った仲間の代弁者としても、お役に立ちたいと考えています。



↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog

Ranking

★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。


お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2011/10/27 16:37] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)