スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第136話>甘い期待よりもやりつづける覚悟 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.321) 2009/2/6より)

皆さまこんにちは。かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメルマガのご愛読をありがとうございます。

さて今回のかがやきの思い入れは、「甘い期待よりもやりつづける覚悟」と題して、身体障害を持ちこれから社会に出ようとする学生さんにお話する姿勢についてご紹介したいと思います。

かがやきパソコンスクールでは、聴覚障害を中心に様々な身体や知的障害をお持ちの方々とお話する機会も少なくはありません。
とりわけ1~3月くらいには、これから学校を卒業して社会に出て行こうとする学生さんとお話をさせていただく場面が増えてきます。

社会に出たとたんに、これまで保護者や学校の先生たちに守られていた生活も一変し、社会人のひとりとして自分自身の行動に責任が求められてきます。

今までは「出来なくても、自分に返ってくるだけ」だったものが、社会に出たとたん「出来ないことが、他人の足を引っ張り迷惑をかける」ことにもなりかねません。

もちろん身体障害を持っていることがわかっていて採用してくれる企業には、それなりの配慮や受け入れ態勢ができているところもあります。

しかしながら企業は基本的に競争をしながら利潤をあげて社会に貢献する組織ですので、そのチームのメンバーとして役に立つことができなければ、他人の足を引っ張る職場のお荷物となってしまいます。

そうした競争社会の中で自己の考えや行動に対する責任というものをしっかり考えていただけるよう、これから社会に出られる学生さんにはいくつかの事例を挙げて厳しいことを申し上げるようにしています。

身体的なハンデがあるからこそ、他人よりも工夫や努力をしながら社会人として自立した生活を送っていって欲しいと思っています。

また、そうして努力し続ける姿は美しくさえあり、多くの人に感動と希望を提供できるひとりになっていくものと思われます。
これから卒業する学生さんには早くに自分の良さを見出し、それが他人の役に立てられるものとなるよう、工夫と努力は続けていって欲しいと思っております。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2011/03/03 14:45] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。