【かがやきの思い入れ】<第109話>仲間との交流の場を作る 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.294) 2008/7/25より)

いつもメルマガのご愛読をありがとうございます。
     
さて今回のかがやきの思い入れは、「仲間との交流の場を作る」と題して、かがやきパソコンスクールが聴覚障害者を対象とした出張パソコン講座で心がけている工夫についてご紹介したいと思います。

昨日と今日の2日間、とある自治体が開催する聴覚障害者向けのIT講習会を担当してきました。

都道府県単位の自治体が開催するIT講習会には、広いエリアから参加者が集まってきます。
普段からろう者の活動団体や中途失聴・難聴者の活動団体に所属している参加者は、お互いに顔見知り同士が出会うこともありますが、そうで無い人もいます。

ヘレンケラーの言葉を借りて説明するなら、聴覚障害は「人と人を切り離す障害」ですから、皆、普段は言葉が聞こえず話の通じない世界で孤独に生活していることが多いのです。

いわゆる情報障害であり、コミュニケーション障害なのです。

健常者でも言葉の通じない外国に一人ぽつんと生活するようなもので、自然と会話に飢えてくるのが人情といったものでしょう。

普段そうした孤独な世界で生活している者同士が集まってくる聴覚障害者向けのIT講習会ですから、誰に気兼ねなく手話や筆談で話せる環境は、にわかに笑顔が戻ってくる貴重な時間でもあります。
そんな素敵な時間をかがやきパソコンスクールが担当させていただいたときには、家に帰ってもお互いが気持ちのわかる聴覚障害者同士として交流が続けられるように講座のカリキュラム構成に配慮しています。

ただパソコンやインターネットの使い方を紹介するのではなく、お互いに孤独な世界を理解できる仲間づくりもセットで講座を組み立てていくことも、私たちかがやきパソコンスクールが仲間に対してできる配慮の1つなのです。

引き続き場所を変えて、明日とあさっては地方での出張講座です。
また、新しい出会いが、参加者同士の心を温めあえるような講座にしていきたいと思っております。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2010/08/19 12:05] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)