【かがやきの思い入れ】<第107話>できる能力を伸ばしていく 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.292) 2008/7/11より)

いつもメルマガのご愛読をありがとうございます。
     
さて今回のかがやきの思い入れは、「できる能力を伸ばしていく」と題して、かがやきパソコンスクールのスタッフがお客さまと向き合う姿勢についてご紹介したいと思います。

かがやきパソコンスクールに通う約90%の方が、身体等に何らかの障害をお持ちです。
身体等の障害とは一時的な病気を除き、基本的には改善の見込みの無いものですから、おのずと「努力しても出来ない」ことがひとりひとりにあるわけです。

たとえば音の聞こえない人にヒヤリングをさせようとしても、それは努力しても出来ない話なのです。

かがやきパソコンスクールでは、パソコンやアプリケーションの操作に限らず「出来るところを伸ばして、出来ない部分をカバーしていく」ための、さまざまな情報提供をしています。
また、ひとりひとりのお客さまと個別に向き合うことがレッスンの基本ですから、そのお客さまの良さを見出し伸ばしていくためのアドバイスと背中押しをしています。

例えば、人によっては指が思うように動かずにタイピングが出来ない場合があります。
しかし音声で話すことができれば、音声による入力練習をしていただくこともありますし、片方の手の指が使えるなら片手で効率よくタイプしていく方法などもアドバイスしています。

できる能力を伸ばしていくことによって、できない部分を補いながら一人の社会人として自立した生活を送って欲しい。
かがやきパソコンスクールは、そのためのトレーニングの切り口のひとつとしてパソコンやインターネットなどのスキルアップを位置づけていますから、単に教科書どおりの操作方法だけを学ぶ場所にはしていません。

そのための基本となるのは「やろう!」「やってやるぞ!」というお客さま自身の意思ですが、その意思を育て良さを発見しできる能力を伸ばすお手伝いをしていくのが私たちの基本姿勢としての思いです。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
[2010/08/05 12:51] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)