【かがやきの思い入れ】<第84話> 曲げてはならないこと 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル

(かがやき ニュース(No.268) 2008/1/25より)

今回のかがやきの思い入れは、「曲げてはならないこと」と題して、かがやきパソコンスクールでこだわっている個別サポート方式についてご紹介いたします。

かがやきパソコンスクールでは、企業等からの依頼により出張して講座を担当することがあります。

企業研修などでは一定のレベル以上の方々が参加する上、競争社会の中での研修であることから依頼元からの要望に応じて一斉授業形式を採る場合もありますが、公共機関等が実施する講座は一般公募ですので参加者の年齢や理解度、進み方はまちまちです。

こうした参加者の年齢やスキルがまちまちな場合には、一斉授業方式ですと授業のペースに追いつけない人が出たり逆に進度が遅く退屈する人が出てきます。

かがやきパソコンスクールでは、「伸びる力」を個別にサポートして伸ばしていくことを基本としていますので、できる人に退屈させずペースの遅い人も取りこぼさない講座を提供することができます。

これには一人ひとりの理解度やクセ、苦手な場所を見抜いて臨機応変に対応していく高いスキルを持ったインストラクターが必要になってきます。

このためかがやきパソコンスクールでは、長い時間をかけ相当な投資をしながらインストラクターを育成しています。

手話が出来、音声を逐次要約して文字にする技術を持ち、なおかつ人を育てられるだけの力量を備えるまでは一人前のインストラクターとしては認めていません。

それは、曲げてはならないかがやきパソコンスクールのこだわりだからです。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)



[2010/01/21 15:15] かがやきの思い入れ | トラックバック(-) | コメント(-)