【かがやきの思い入れ】<第55話> 出来る能力を発見し伸ばすことが、私たちの仕事 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
手話と字幕で放映|かがやき手話ニュース


(かがやき ニュース(No.238) 2007/06/29より)

今回の「かがやきの思い入れ」は、「出来る能力を発見し伸ばすことが、私たちの仕事」と題して、かがやきパソコンスクールの思いをご紹介したいと思います。
 
先日、名古屋に出張してきた時のことです。出張講座の場所となる聴覚障害者への情報提供施設から歩いて約1分のところにある喫茶店にいき、昼食をとってきました。その喫茶店は、カンターに8人、座席に8人くらい座れるこじんまりとしたものでした。
 
店内は、高齢のママさん一人。半身がマヒしているそうですが、片手で料理から配膳まで一人でこなしています。左手一本でお湯をわかしたり、コーヒーを入れるだけでなく、包丁も扱い、調理もこなし、洗い物や店の掃除も一人でこなしています。かがやきパソコンスクールの目指すものと共通するものが、このお店のママさんに見えた気がしたものでした。
 
身体の半分が動かなくても、「動かせるところ」を訓練して能力を伸ばし、立派に店をかまえて商売をしているわけです。聞えなくても他に使える能力があるのでしたら、苦しくてもそこを伸ばしていくことが、自分にとっても回りにとっても豊かな暮らしを作ることが出来ることと思います。
 
「できない」という言葉は、自分から限界をつくってしまいます。限界があれば、そこからは伸びません。「聞えないから、できない」のは音を聞くことだけで、それ以外の能力は工夫と努力だけで、どんどん伸ばしていくことができます。聞えないというのもそうですが、何かハンデがあるからこそ、やらなく
てはならないことがあるはずです。「できること探し、能力を伸ばすこと」のお手伝いも、私たちの大切な仕事だと考えています。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング

★にほんブログ村

★経営 BlogRanking

★起業家ブログ


【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)


[2009/05/08 17:23] かがやきの思い入れ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/692-c142e33e