FC2ブログ







【かがやきの思い入れ】<第29話> なぜ聴覚障害者に対応したパソコンスクールで起業したのか3 

※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
手話と字幕で放映|かがやき手話ニュース


(かがやき ニュース(No.211) 2006/12/08より)

今回は、「なぜ聴覚障害者に対応したパソコンスクールで起業したのか(3)」と題して、約1年かけてリサーチをして得られた結果をご紹介したいと思います。
 
私が第2の仮説として「聞こえない人たちの中には、安心してスキルアップをする場所を望んでいる人は多い」として、実際にインターネットと面談によるアンケート調査を行ったお話は前回ご紹介いたしました。このアンケートの結果で得られたことは、やはり仮説は正しかったのだといったことです。
 
回答総数は約200件で、インターネット上で収集した回答が約150件。そうした環境から、既にインターネットが使える人が多く回答してくださったという状況ですから、まったくの初心者という人は少ないようです。アンケートの狙いとしては「全くの初心者」ではなく、ある程度パソコンやインターネットを使い、さらにスキルアップをしたい人の意見を聞くことでしたから、その点では成功したものと思っております。
 
回答の内容として最も多かったのが、「仕事で役立つ高いスキルを身につけたい」といったものでした。さらに身に着けていきたい具体的なスキルとしては、WordやExcel・Accessなどのオフィス系ソフトに人気がありました。仕事で役立つスキルといった場合には妥当な結果だといえます。
 
また、プログラミングやネットワーク技術については意外に人気が無かったのですが、これは「そもそもどういうものか」というものが理解できていないことが原因にあると分析しています。情報の伝わり方が遅い聴覚障害者ならではのことかも知れませんが、身近に見えるものではないだけに「知らない」といった人が多かったものと分析しております。さらに言えば、回答者の約70%が無職または一時雇用といった属性があったのも興味がありました。
 
そこでスクールの方向性としては、第一段階として「まずは下働きでもいいから企業にもぐりこめるスキルを身に着けること」に力を入れ、第二段階として「職場で中心的な仕事のできるスキルを身に着けること」に取り組み、第三段階として「職場でリーダーとして活躍できるスキルを身に着けること」に取り組んでいこうというグランドデザインが出来上がったわけです。
 
パソコンやインターネットのリテラシといったスキルだけではなく、就労をきっかけとした社会参加を果たし、自立した生活を送れるようトータルな人材育成をする場としてスクールをスタートさせたわけです。
 
振り返ってこの5年間は、1年目・2年目は第一段階に取り組み、3年目は第2段階、4年目からは第3段階に入っております。
 
1年目にかがやきパソコンスクールで学習され企業に就職を果たした人たちが、現在は職場のリーダーとして活躍できるようビジネススキルを学びにスクールへ通っています。現在も「結果の出せるスクール」として、聴覚障害者のみならず肢体などの身体障害者や視覚障害者や言語障害者などにも支持をいただいております。
 
「その人の人生にかかわった以上、途中で投げ出さずに最後まで面倒を見る」といった気持ちで、人生をトータルで応援し続け実績を積みながら、私たちはさらに工夫と努力をし続けて参ります。
 
短いながら3回にわたり、私が起業に至った経緯などをご紹介させていただきました。もっとご紹介したいことも沢山ありますが、それらは時期を見てご紹介していきたいと思います。
 
次回は、「やればできる!やったらできた!」と題して、ろう重複障害を持つ45歳男性が生まれて初めての資格試験に挑戦し成功した事例についてご紹介したいと思います。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)




[2008/10/30 10:52] かがやきの思い入れ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/665-5d1d026b