手話で表現するとどうなりますか? 

手話と字幕で放映|かがやき手話ニュース


「この文字はなんて読むのですか?」「手話で表現するとどうなりますか?」

かがやきパソコンスクールのレッスン風景


かがやきパソコンスクールでは、こうしたご質問が多いのが特徴の1つです。

それも当然といえば至極当然なのことで、私どものお客さまの約85%が聴覚障害者です。

それも生まれながらに母親の声すら聞いたことの無い先天性のろうの方がほとんどですから、こうした質問が多いのです。

聞こえないので、文字の「発音」がわからないといったことが良くあります。

私なんかもテレビのニュースで韓国の大統領の名前や、北朝鮮の船の名前などをよく目にしたものですが、大概ふりがなが振っていないのでしばらく読み方がわからなかったものです。

聞こえる人は、こうした時にニュースのアナウンサーが発音する声を聞いて、「ああ、こう読むのだな」ということがわかるのでしょうが、聞こえないとその場はどうしようもありません。

もっとも、その後で小まめに読み方や意味を調べていく人は、聞こえなくても物知りなのですが、普通の聞こえない人はそうも行きません。

これが小さい頃から聞こえないと、読み書きなども大変な努力をしないと身につきませんから、不自由なく読み書きできる人よりも、そうで無い人のほうが目についてきます。

大人になると、そうした「読めない漢字」を他人に聞くのも容易でなくなってくることから、そのままにしてしまう人も少なくないようです。

人によっては「改める」という字はどう読むのですか?
意味は何ですか?といった質問も出ます。

私どものスクールでは、わからないことは恥ずかしいことではなくて、「知るための第一歩」として気軽に聞いていただいています。

また、言葉の意味などは聞える人でも外国語などの意味を理解するために、「日本語でいうとどういう意味?」というのと同じで、手話という言語で理解する人は、同様に「手話で表現するとどうなりますか?」という質問が出ます。

なにしろ、寝言も手話ですから。

こうした時には、私たちのわかる範囲で説明をしていますが、そもそも手話に無いものや私たちが知らないものについては、絵を描いたりして視覚的に説明をするなどの工夫をしています。

聴覚障害者は「書けば通じる」というわけではなく、中にはこうして文字の読み書きも大変な方もいるわけです。

こうしてぞれぞれの個人に合わせて根気良く対応し続けることが、私たちの事業が存続していくための要諦になろうかと思っております。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除

ついでですが、こちらで評価を投入すると抽選でプレゼントが貰えるそうです。(o^∇^o)ノ
http://www.melma.com/backnumber_73609/
(score!スタートキャンペーン:2006年11月20日~2006年12月20日まで)
[2006/12/13 20:03] 聴覚障害 | TB(0) | CM(2)

ブログを

こんにちは!石井です。

>聞こえる人は、こうした時にニュースのアナウンサーが発音する声を聞いて、「ああ、こう読むのだな」ということがわかるのでしょうが、聞こえないとその場はどうしようもありません。

なるほどー。今回も益田さんのブログを拝見していなければわからなかった視点です。
ありがとうございます。

パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵さま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>益田さんのブログを拝見していなければわからなかった視点です。

そうおっしゃっていただけると、嬉しく思います。
一般の人は、なかなか知ることが出来ないかも知れませんが、少しずつ情報を発信しながらお知らせしていきたいと思っております。
これからもい、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/519-8de66d17