スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人生とは社会貢献 

手話と字幕で放映|かがやき手話ニュース

私の知人が、関西読売新聞で紹介されました。

「人生とは社会貢献。人のために何かをすることで自分の存在意義は生まれる」と語っておられるあたりは、立派だと思います。

ホームページ「聴覚障害と手話の…」を運営…石川

取材を受けている美多 哲夫さん。
インターネット上では「孫悟空」という名前で8年前からホームページを開設し、手話や口話教育に関する相談に乗ったりしながら聴覚障害児教育について啓蒙活動を展開されています。

美多さんはブログも開設しており、毎日のように情報発信をされています。

このブログでは、時事をとらえた話題からご本人が取り組まれている聴覚口話法などの話題が紹介されていますので、私も毎日巡回する先として「お気に入り」に入れています。

信念を持って、それをやり続ける姿は尊敬できます。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除

ついでですが、こちらで評価を投入すると抽選でプレゼントが貰えるそうです。(o^∇^o)ノ
http://www.melma.com/backnumber_73609/
(score!スタートキャンペーン:2006年11月20日~2006年12月20日まで)
[2006/12/12 10:05] がんばる人 | TB(0) | CM(6)

ほんとですね

こんにちは!石井です。

>「人生とは社会貢献。人のために何かをすることで自分の存在意義は生まれる」

ほんとですね。
自分は商人として、きちんと稼いで、利益を生むことを含めて、またそれを通して、お客様、従業員、関係先、地域の方々に貢献していきたいです。
ちょっとかっこよ過ぎかもしれませんが、理想ということで…。

それでは遅い・・・

この方は、手話は大人になってからも、間に合うとおっしゃっていますが、
少なくとも私には間に合いませんでした。
今も手話は母国語になり得ていないんです。
4歳から厳しい聴覚口話教育を受けされられたのです。
生まれつきのろう者なのに・・・悲しい。
同じ仲間とも深く会話もできないし。孤独なものです。
[2006/12/14 10:37] MU@沖縄 [ 編集 ]

パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵さま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>自分は商人として、きちんと稼いで、利益を生むことを含めて、またそれを通して、お客様、従業員、関係先、地域の方々に貢献していきたいです。

いや、ごもっともだと思います。
私も、そうありたいと思っている一人です。

MU@沖縄さま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>少なくとも私には間に合いませんでした。

教育の「方法」もそうですが、およそ人間に対する「やり方」といわれるものに、「これで全部OK]というものには、私自身今まで出会ったことはありません。

これは私どもの方針にもなっているところですが、それだけに、個々の人たちをどうしていくのかといった観点で見ていかなければいけないと思っております。

>同じ仲間とも深く会話もできないし。孤独なものです。

コミュニケーションが上手く出来ないということは、本当に歯がゆいことですし、時には孤独で寂しい思いもしますよね。
私も実感しています。

コミュニケーションの「仕方」も、これまた千差万別で、それらに自分から合わせていく努力をしていくことによって世界が広がることと思います。

そう言っている私も、まだまだなのですが・・・(^_^;)

手話の事

banbiです。石川県金沢盲ろう学校の同級生です。手話の事ですが昔は手話禁止です・・・口語も厳しく学んでいたのをよく覚えています。美多さまは、尊敬な人ですね。今は手話、指文字も使っています。又は手話通訳者にやってくれています。手話サークルも広がっていますね。(*^_^*)
[2006/12/15 23:53] banbi [ 編集 ]

banbiさま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。
レス遅くなってすみませんでした。
それぞれの時代で試行錯誤しながら、より良い方法を見つけていくのでしょうね。
あれは良くてこれはダメというよりは、それぞれの個々人を見ながら対応の仕方を変化させていったほうが良いかと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/518-a3f7d564











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。