自己投資も自立の第一歩 

手話と字幕で放映|かがやき手話ニュース

今日、一人のご老人がパソコンを勉強したいということで、かがやきパソコンスクールに見えました。
私の父よりも3つ年上の74歳。

50歳を過ぎたあたりから聴力が落ち、今では全く聞えなくなってしまった中途失聴の方です。

これまでもボランティアさんや行政などが開催するパソコンの学習会などに参加してこられたそうですが、どうもそちらの方は合わないとのことで私どものところに来られたそうです。

その方のお話を伺う限り、こんな問題点があるそうです。

①ボランティアさんに教わっていたが、しょっちゅう人が代わるので継続して面倒を見てもらうことができない。

②勉強会に使う場所に設備が充分に無いことから、自分でノートパソコンを持参しなければならず、重たい荷物が負担になる。

③いろいろな障害を持っている人と一緒に講習を受けるが、コミュニケーションで筆談が必要な聴覚障害者は敬遠される。

④覚えも悪くなってきたので繰り返し教えて欲しいが、期間が定められていたり、カリキュラムをどんどん進められたりするので、追いつけない。

ま、良く聞く話です。

ボランティアさんの場合は、「人」「物」「金」「時間」などに一定のレベルで品質を保つというのは、どうやら難しいようです。
ボランティアをされている方の多くは、「空いた時間」で「手弁当持参」が基本的な参加形態なので、全てを期待するのはむしろ酷な話かと思います。

行政も最低限の保障はしてくれても、市民から集めた税金を使いますので「個人」の「より良く」といった部分までは面倒は見きれないことと思います。
「個人」の「より良く」は、受益者負担が大原則なのでしょうから。

従いまして、安定したサービスや、その先の「より良く」を求めるのでしたら、有料サービスなどを利用することになることと思います。

自立の第一歩は、ある意味では自己投資から始まることもあります。

今日スクールに見えたご老人は、たとえ趣味や楽しみであっても「自立した楽しみ」の第一歩を踏み出したかも知れません。

私どもも、ご期待にお応えしたいと思います。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除
[2006/09/28 14:04] スクール情報 | TB(0) | CM(2)

よく見えて

こんにちは!石井です。

なるほどー。
今日のような記事を見せていただくと、かがやきパソコンスクールさんの存在意義ややっていることがよく見えてきてありがたいです。

「パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵」 石井道夫さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。

>かがやきパソコンスクールさんの存在意義ややっていることがよく見えてきて

ありがとうございます。
そうおっしゃっていただけますと、とても嬉しく思います。
今日も、張り切っていくぞぉ~!(^O^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/473-6a306a20