FC2ブログ







読唇術に過度の期待は危険です。 

このところ、いわゆる「読唇術で聞こえない言葉を読んで欲しい」という依頼が多くなっています。その際には、あたかもその道の専門家のように紹介されることもあります。




しかし元々耳が悪い私自身が、生きるために半ば自然に身につけてきたものですから、特別その道の専門家というわけではありません。

魚がよくつれるからと言って、釣りの専門家かというとそうではないというようなイメージでしょうか。

従いまして、馴れない相手や言葉などに遭遇した場合は、不正確極まりない結果になってしまいます。
ですから、あまり過度に期待するのは、とても危険なのです。

口の形などを読み取って単語や文章を類推するいわゆる「読唇術」ですが、これがある程度の精度が出せるのは、私の経験上ごく限られた好条件が揃った場合だけです。

例えば生身の人と対面していて、口の形がはっきり見えて、なおかつ正しい標準語を話している場合などは、専門用語などの馴染みの無い単語が出てこない限り、大体読み取ることは可能です。

イメージとしては、正しい訓練を受けたニュースのアナウンサーのような方が目の前に座って話しているような状態です。

あとは親兄弟や親しい友人や同僚など、普段の生活の中で付き合いのある人などの中では、有効な読み取りが出来ることが多くなります。

しかしながら、対面していても読み取りが出来ない場合もあります。
例えば相手の歯が出ていたり、口を開かずに話していたり、横を向いていたり、顔の位置が一定しない場合などは、読み取りが不正確になるか全く不能になる場合があります。
方言などもアウトですね。
例えば、こういうのとか、こういうのですね。

また、イントネーションなどは、元々聞こえていませんのでわかりません。言葉は抑揚によって、意味合いが違ってくることがありますものね。

とりわけビデオ映像などから読み取る場合には、相手が生身の人間ではないことから、その人自身から発せられる「気」というかオーラのようなものが消えてしまいますので、目以外の感覚の助けを受けることができないので困難を極めます。

実際にやってみると、結果の割りにはかなりの疲労をします。

また、読み取りは一連の文章であるとか、ある程度まとまった単語になっていないと太刀打ちできない場合があります。

1文字だけでも読んで欲しいと言われることがありますが、例えば以下の発音の際には、全て口形が一緒ですから区別がつかないのです。

「ぽ」「も」「ぼ」など、全く同じ口形のものや、言い終わった後の母音の形。

例えば「か」という言葉でも、「か」と発音する際の口の中で微妙に動く舌の動きが見えなければ、最終的には「あ」にしか見えないのです。

「か」「さ」「た」「な」・・・など、一瞬しか出てこない子音を発する舌の動きが見えなければ、全部「あ」にしか見えなくなります。

「い」の段の言葉は、ほとんど上下の歯がくっついてしまうので、読み取る側から言えば完全にお手上げです。

「い」「しち」「いち」「いき」「いし」

単語になったところで、よく引き合いにだされる有名なものを例にとると、「だばこ」と「たまご」なんていうのもあります。
口形が同じですね。

「イチロウ」「ジロウ」なんかも同様です。

このように耳で聞けば区別のつく言葉でも、目だけで判断ようとすると途端に情報が減ってしまい、区別がつかなくなってしまいます。

「上へ」「ウエイ(Way)」なども、叫べば人によっては同じ口形になってしまいますね。

「市井」さんも「石井」さんも、全く同じ口形です。

まだまだ挙げればキリが無いのですが、このようにいわゆる読唇術と呼ばれる方法による翻訳は、もともと不正確なものですから、過度の期待はせずに、あくまでも「そうとも読める」といった参考程度にとどめておいたほうが良いでしょう。

もっとも目で見た情報だけで全てわかるのでしたら、聞こえないことで苦労することもそんなに無いはずですからね。

この辺は、特にマスコミの皆さまには、十分ご理解いただきたいところでもあります。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除
[2006/07/07 21:03] ひとりごと | TB(0) | CM(15)

ご無沙汰しております!!
確かに読唇って、難しそうですよね・・・。
似た言葉も多いですもんね・・・。

益田さんのブログ、最近酒ネタが少なくて寂しいです・・・(笑)
支店が来週オープンしますので、近々遊びに来てください!!
[2006/07/08 09:34] ヤマニ [ 編集 ]

なるほど

難しいものなのですね!

>もっとも目で見た情報だけで全てわかるのでしたら、聞こえないことで苦労することもそんなに無いはずですからね。・・・

本当にご苦労されているのですよね!
でも益田さんとお会いしていると、そんなの微塵も見せませんものね!すばらしいと思いますよ。ホントニ

難しいですね

めざましどようび、見ましたが、私にはさっぱりわからなくて、
すごいわーなんて思っていましたが、
益田さんにとっても難しいものでもあるんですね。

対する人の「気」も関係するのですか。
なるほど・・・。
ちょっとヒントを与えられたような「気」になりました。
[2006/07/09 00:03] おそら [ 編集 ]

お久しぶりです。

お久しぶりです。前ブログの写真に載せてもらった聞こえない学生の二人の内一人です。
自分が読唇術ができる状態っていうのは、ほんの限られた状況ですね。知識に入っていない言葉などはっきりいって無理に近いと思っています。あとは性格をよく知ってたりコミュニケーションを頻繁にとった人じゃないと。あ、同じくオーラも読んだりしてます。

仰るとおりオーラが出てくる生身の人間ではなく、テレビの人の口を読むのは、ほんとかなりきついですねー。ではでは失礼致します。
[2006/07/09 00:24] yohei [ 編集 ]

ヤマニさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。

>最近酒ネタが少なくて寂しいです・・・(笑)

(⌒▽⌒)アハハ!
酒ネタは沢山あるのですが、どちらかというと酔っ払いネタですね。

昨日も手話サークルがあり、その後の2次会・3次会と続けて参加したため、今日も二日酔いですわ。(^。^;)

支店オープン、おめでとうございます。
益々のご躍進ですね。(^O^)

大家族の本気のF1プロジェクト DF・市川 さま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>益田さんとお会いしていると、そんなの微塵も見せませんものね!

いえいえ、市川さんの話され方が上手なんですよ。
はっきりと読み取れますもの。
それに、出てくるオーラもすごいですからね。(^O^)

ただ今、お預かりしたビデオと格闘中です。
もう6時間格闘しております。(^。^;)

yoheiさま、いらしゃいませ。

いつもお世話になっております。

そうなんですよ。
相手が無機質な機械相手ですとねぇ。
ただ、テレビ局の編集室にあるような、手動でスピードを可変できる装置などがあると、多少は読み取りやすくなります。

ただ、舌の動きが見えないと、結構あてずっぽうになっちゃうんですよね。これが。

石井です

こんにちは!市井さんとおなじ口形の石井です。

「石井」を事例に挙げていただいてありがとうございます(笑)
読唇術に関する解説ありがとうございます。
確かにニーズが高まっているだけに、取り扱い方に注意しなくてはいけないのかもしれませんね。

「パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵」 石井道夫さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。

>取り扱い方に注意しなくてはいけないのかもしれませんね。

そうなんです。
もともと不正確なものだけに、あくまでも「そうとも読める」といった感じで、参考程度に使うのがちょうど良いかと思っています。

石井さんのお名前を引き合いに出してしまって、すみませんでした。(^O^)

お初です

私も読唇術ができますが、おっしゃるとおり、はし、さし、かし、たしなどカ行、サ行、タ行、は行はわかりにくいですね。でも一番困るのは横を向かれたり、口ひげがはえている人(口の動きがわからない)、ぼそぼそ調の人たちです。もうお手上げですので紙に書いて頂いてます。
[2006/07/20 16:43] 聞こえない.com 青空 [ 編集 ]

聞こえない.com 青空

いらっしゃいませ。
ようこそお越しくださいました。

>もうお手上げですので

(⌒▽⌒)アハハ!
おっしゃるとおりですね。

私もかないません。(^。^;)

私も読唇術ができます

はじめまして。
私も少し読唇術ができます。
子供のころから少しできたんですが
大人になってますますできるようになりました。
ただ、おっしゃるとおり完璧ではなく
会話の前後の状況とかから使われる語彙を類推して
そのなかからあてはまるものを瞬時に判断してあてはめるようなかんじです。
訓練はしたことはありません。自然にみにつきました。
ちなみに健常者です。

[2007/05/26 19:56] ななし [ 編集 ]

ななしさま、いらっしゃいませ。

はじめまして。
ようこそお越しくださいました。
そうでしたか。
でも、読唇術も聞こえる人のほうが、習得が早いと思います。
聞こえることを土台に、あとは注意深く観察することによって体得できることと思います。
聞こえないでこれを習得するのは、やはりハンデが伴いますので、みんながみんな、できるわけではないのです。
どんな能力でも、伸ばして無駄になることは無いと思いますので、いろいろなものに挑戦するのも良いかと思います。
ありがとうございました。

相談事

相談事があります。
転職についてです。
今、ある工場の商業運転(本運転)前のテスト運転の仕事にたずさわっており、10月から本格的にスタートする工場の運転員です。
ですが、給料が2交代なのに17万円です。
それで転職を考えているんですが、最近ある知的障害者の施設の職員募集が新聞折込で3週連続できています。
給与21万円で非常に興味があり、待遇内容だけでも聞きに面接にいこうかまよっています。一方で今の会社を退職する才にどうやって上司に話そうかも勇気がなくて迷っています。どうしたらいいとおもいますか?
もしなにかアドバイスがあればください。


[2007/05/27 07:55] ななし [ 編集 ]

場違いな書き込みしてすいませんでした。
前の書き込みはキャンセルさせてください。
ついななんでて書き込んでしまいました。
どうも失礼しました。

[2007/05/27 16:32] ななし [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/418-61ff16d0