スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いのちの重みを再認識した日 

今日の午後は、ブログつながりの「おそら」さんにご紹介いただいた、「生命(いのち)のメッセージ展 in 国会」に出かけてきました。

人気Blogランキングへ!
人気ブログランキング←なぜか復活していますね。まだ登録の変更は出来ませんが、抹消されずに残っているようです。益々不思議なシステムです。(^^;

この「生命(いのち)のメッセージ展」は、「いのちの重み」を伝えるための展覧会だそうです。

この展覧会では、殺人事件、交通犯罪・医療過誤・いじめ自殺・一気飲ませの結果の死など、理不尽かつ暴力的に命を奪われた犠牲者の、等身大オブジェと遺品の靴を展示しています。

私はこのイベントのことを知らなかったのですが、たまたま「おそら」さんのブログで紹介されていたことから興味を持ちました。
私のスクールから国会議事堂前までは約30分程度で行けることもあり、午後に時間を作って出かけてきました。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

      ↑今も、登録されているか?
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking



憲政記念館へ向かう途中に、首相官邸や国会議事堂などもあり、ちょっとした散歩気分も味わえました。

首相官邸前
首相官邸前
  ↓
国会議事堂裏
国会議事堂の裏側
  ↓
さて会場の憲政記念館。
憲政記念館


中に入ると、受付で「おそら」さんが待機していてくれました。
当日に手話のできるスタッフは、ご本人も難聴である「おそら」さんお一人だけだそうです。
しかも「おそら」さんは、交通事故でご子息を亡くされたという当事者の一人としてお手伝いをされているようです。

政治家が大分後押ししているイベントなのに、手話通訳要約筆記もつかないのですね。
生命(いのち)のメッセージは、聞こえない人には伝えなくても良いと思っているわけではないのでしょうが、これはこれで問題じゃないの?(怒)

生命のメッセージ展の会場に入ると、亡くなられた方々の等身大のパネルのようなオブジェが林立していました。
林立する等身大のオブジェ


そのひとつひとつには、亡くなられた方の遺影と当時の様子や家族の思いなどと一緒に、社会に対するメッセージなども掲示されていました。

小学校からの集団下校の際に、居眠り運転のトラックに突っ込まれ、お兄ちゃんの目の前で幼い命を絶たれてしまった女の子。
一緒に下校していたお兄ちゃんが駆け寄って呼びかけてたら、足をピクッとさせて小さく息を吐いてそのまま動かなくなったそうです。

また、事件性があるにもかかわらず、ICU(集中治療室)に警察が乗り込み本人にまだ息のある間に「自殺にしておきます」と宣言され、涙を流しながら息を引き取っていかれた方など、その理不尽さや無念さを遺族などが社会へのメッセージとして書き記されていました。

1つ1つが衝撃的であり、無念さが伝わり涙が出てきます。

国会議員の方のお話など


その傍らでは、国会議員の方が何か話しをされているようなのでしたが、私には何も聞こえなかったので、残念ながら内容まではわかりませんでした。

遺品の靴


無念のうちに亡くなられた方々の遺品である靴も一緒に展示されていましたが、皆その直前まで元気だった人たちばかりだったと思うと、「理不尽」という言葉が胸の中で大きく響いてきます。

私も4年前に、歩行中に狭い道路で乗用車にぶつけられたことがありました。
近づいてくる自動車の音が聞こえないので、運転手がよそ見をしたら、それでアウトですね。
たまたま怪我もなかったから良かったものの、場合によっては今回のオブジェの中に居たかも知れません。

時間の都合もあり会場には15分くらいしか滞在できませんでしたが、いのちの重みを再認識させていただいた意義あるイベントでした。


【参考リンク】
  生命(いのち)のメッセージ展公式ホームページ
  生命(いのち)のメッセージ展 in 国会
  おそらさんのブログ「感じるブログ」
  "生きたかった" 命の声を聴く(1)ライブドアニュース

追伸:
おそらさん、大津のお土産までくださいまして、ありがとうございました。
近江八幡の上品なお菓子、みんなで美味しく頂戴いたします。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

      ↑今も、登録されているか?
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

[2006/05/16 17:50] イベント情報 | TB(2) | CM(21)

衝撃的な展覧会なのですね。
私には行けない場所で残念です。

毎朝、娘達を送り出すとき不安ですよ。
必ず『気をつけていってらっしゃい』って言いますもの。
ニュースなどで事故を見ると、子供たちが気をつけていても車から寄ってくるんですもの…。自分が運転するときも予測不能の行動をする子供やお年寄りにはホントに気を使います。今日も帰宅途中に自転車のお年寄りが急に曲がろうとしてビックリしました(冷汗)避けられたので大事には至らず良かったです。

お互い気をつけましょう!
[2006/05/16 21:39] えみ [ 編集 ]

こんばんは。
今日はお忙しいところお越しくださいまして、ありがとうございました。
私は参加家族ですが今回はスタッフではありません。
手話があれば助かりますが、たった一人のために担当者に面倒をかけるわけにもいきません。
また私は障害者とも認められない中途半場な立場でもありますので・・。
遠慮せずに、必要なことを求めなかったのは私の意識不足でもあるのです。
今日は時間がありませんので簡単なお礼しか申し上げられませんが、また週末にでも自分の記事にアップさせていただこうと思っております。

[2006/05/16 22:01] おそら [ 編集 ]

命の尊さ

遠距離過ぎて、観に行けない場所ですが、私も、会社で仲良くしてもらってた男性の先輩を、定時後、会社から会社駐車場に向かう途中に、目の前で事故にて亡くしたので、すごい命の尊さは考えさせられます。
また、私も心疾患だからか、その友達も何人も亡くしてるし、私自身もいつ、そうなるか判らないから、今、生きさせてもらえてる事に感謝の日々です。
[2006/05/16 22:05] きよきよ [ 編集 ]

生命のメッセージ展へお越し頂き

「生命のメッセージ展 in 国会 Part2」へお越し頂き、
本当にありがとうございます。
私、実行委員のみはてぃと申します。
おそらさんとは年の離れた友人と思っていただければ、
幸いです。

>政治家が大分後押ししているイベントなのに、手話通>訳も要約筆記もつかないのですね。
>生命(いのち)のメッセージは、聞こえない人には伝>えなくても良いと思っているわけではないのでしょう>が、これはこれで問題じゃないの?(怒)
まさに益田さまのおっしゃるとおりだと思います。
ご指摘いただくまでなかなか気付きませんでした。
本当に自身の気の廻らなさに反省するばかりです。
おそらさんという友人がいながら気付かなかったのは、
私の責任というほかありません。
益田さまに不愉快な思いをさせてしまったことは、誠に
申しわけなく思うばかりです。
これを反省に今後改善していく次第でありますので、
今後を見守っていただければよりうれしいです。

>小学校からの集団下校の際に、居眠り運転のトラック>に突っ込まれ、お兄ちゃんの目の前で幼い命を絶たれ>てしまった女の子。
>一緒に下校していたお兄ちゃんが駆け寄って呼びかけ>てたら、足をピクッとさせて小さく息を吐いてそのま>ま動かなくなったそうです。
>また、事件性があるにもかかわらず、ICU(集中治療>室)に警察が乗り込み本人にまだ息のある間に「自殺>にしておきます」と宣言され、涙を流しながら息を引>き取っていかれた方など、その理不尽さや無念さを遺>族などが社会へのメッセージとして書き記されていま>した。
15分という短い時間ながら、一人一人のメッセンジャーと
益田さまが向き合っていただけた姿が目に浮かぶようです。実行委員の一人として本当にうれしく思い、
感謝の言葉もありません。

長くなりましたが、この度はお越し頂き本当にありがとうございました。
また開催がお近くのときは足をお運びいただければ嬉しいです。




[2006/05/16 22:45] みはてぃ [ 編集 ]

えみさま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>私には行けない場所で残念です。

同運動は、全国的に行われているようですから、いずれえみさんの地域でも開催されるかも知れません。
その時には、ぜひ出かけてみてくださいませ。

>毎朝、娘達を送り出すとき不安ですよ。

私も、小さな娘がとても愛おしく、今という時間がどんなに大切なのかという実感が持てました。
今日は、色々な意味で収穫の多い、考えさせられる日でしたよ。

おそらさま、いらっしゃいませ。

本日は、お世話になりました。

>私は参加家族ですが今回はスタッフではありません。

これは、勘違いをして失礼いたしました。
短い時間で、効率良く見て回れたのも、おそらさんのおかげと感謝しております。

ま、手話や要約筆記の件は、私個人の問題ではなく、本当に全国の人に漏れなく知って欲しいなと思った時に、取りこぼしの無いようにされたら良いかと思った次第です。

お国のえらい方々が後押しされるのでしたら、なおのことだと思っただけです。

おそらさんを責めているわけじゃぁ、ないですわ。(^。^;)

そうそう、お土産をありがとうございました。
みんなで楽しみにいただきますね。
今度は、ゆっくりお立ち寄りくださいませ。
ありがとうございました。

きよきよさま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>会社で仲良くしてもらってた男性の先輩を、定時後、会社から会社駐車場に向かう途中に、目の前で事故にて亡くしたので、すごい命の尊さは考えさせられます。

なんということでしょう。
絶句・・・

>また、私も心疾患だからか、その友達も何人も亡くしてるし、私自身もいつ、そうなるか判らないから、今、生きさせてもらえてる事に感謝の日々です。

私も虚弱体質で、何度も死にかけましたし、普通の学校にも通えず養護学校で育っただけに、友人の死も幾度と無く見てきました。

今という時を大切にしたいと思います。
それは、自分の時間だけでなく、他の人の時間も含めてですが・・・

みはてぃさま、いらっしゃいませ。

初めまして。
ようこそお越しくださいました。
実行委員の方にお越しいただけるとは、夢にも思っておりませんでした。
本日は大変お世話になりました。
ありがとうございます。

>益田さまに不愉快な思いをさせてしまったことは、誠に申しわけなく思うばかりです。

いえいえ・・・
私個人のことなど、大したことではないのです。
もっと多くの人に知って欲しいことだと思いましたので、取りこぼしのないようにして欲しいな、と言った気持ちからです。
私の書き方もマズかったですね。
ただ、議員さんなども後押ししているのでしたら、そうしたことへの配慮もしていって欲しいと思ったのも事実です。
今後、ご考慮いただければ幸いに存じます。

>15分という短い時間ながら、一人一人のメッセンジャーと益田さまが向き合っていただけた姿が目に浮かぶようです。実行委員の一人として本当にうれしく思い、感謝の言葉もありません。

いえ、こちらこそお恥ずかしいかぎりです。
人の生命の尊さが分かっているつもりが、目の前が真っ白になるくらいの衝撃を受けました。
表現の仕方は適切ではないかもしれませんが、「気づき」といえば、近年これほどの気づきを得たのは、今回のイベントです。

帰宅し、公式ホームページのほうも隅々まで拝見させていただきました。
深く考えさせられました。
こちらこそ、心より感謝しております。

考えさせられますよね・・・

去年に父を亡くしたのと、私自身も怪我をした時は紙一重で助かった状況なので、死についてはよく考えます。

>殺人事件、交通犯罪・医療過誤・いじめ自殺・一気飲ませの結果の死など、理不尽かつ暴力的に命を奪われた犠牲者

無念でしょうね・・・。考えさせられます!!

こんにちは、dannaです。
衝撃的な内容でした。
あまりにも理不尽に命を奪われてしまった方や、その周りの方のショックが伝わってきます。
あたりまえのことですが、命って大切ですね。

社長のつぶやき日誌 ヤマニさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。

>私自身も怪我をした時は紙一重で助かった状況

そうでしたね。
でも、命あってこそのものですものね。

命を絶たれた方々の無念は、残った私たちがしっかりと受け止めながら生きていかないといけない気がしています。

danna【革命的収入構築ブログ】 さま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

早速ご覧いただけたようで、ありがとうございます。

多くの方に、こうした現実を知ってもらおうと活動している方々の多少はお手伝いが出来たかな、などとも思っております。

目を背けたり、フタをしたり、風化させてはいけないことだと思います。

はじめまして。逆境の井上社長のところから参りました。

この展覧会の事、存じ上げていませんでしたが、
ここで拝見しただけで、心が張り裂けそうです。

子どもをうんでから、命がどんなに大切なものか
心から感じるようになりました。
生まれて、生きて、死んで、
一つ一つに物語があることをいつも心に留めておかねばと思います。

行ってこられたのですね

今日は、私も興味があって行こうかなと思っていたんですが、何とも父の病気の件や私の遺伝子検査の件などで、多少情緒不安定な時でしたのね、今回は行かなかったんです。どうしてもその様な場所に行くと、色んな物に気持ちがリンクしてしまって…。
内容がちょっとだけども分かったんで、とりあえずは良かったです。
しかし、通訳無かったんですね´_`
まだまだ障害者に対する認識が少ないようで、残念ですね。私は地方出身だから、東京はそういった所も全て進んでいるとか勝手に思ってたんですが、やっぱりまだまだなんだなぁ(;。;)
[2006/05/17 16:08] かりっこ [ 編集 ]

かりっこさま、いらっしゃいませ。

いつもお世話になっております。

>何とも父の病気の件や私の遺伝子検査の件

ブログ拝見していますよ。
ご自身も大変な時期ですものね。
また機会があるそうですので、その時には1度見に行ってみると良いと思います。

>東京はそういった所も全て進んでいるとか勝手に思ってたんですが、やっぱりまだまだなんだなぁ(;。;)

そうですねぇ。
まだまだ・・・といったところのようです。
少しずつ変わってはいますが。

TBさせていただきました

こんばんは。セブンスターです。
以前書いた記事をTBさせていただきました。
いのちの重さを実感しました。

すばらしい企画

こんにちは!石井です。

いやあ、これはすばらしい企画ですね。
自分の人生に残された時間の大切さ、いま生きていることのありがたさを再認識することができそうです。


ありがとうございました

こんばんは。
記事にしていただき、ありがとうございました。
皆さんのコメントを読ませていただいて
交通事故は身近なものだということを再認識いたしました。
生命のメッセージ展は様々な犯罪被害者の方が参加しておられますが、やはり交通犯罪が一番多いです。
自分の命も他人の命も大切に扱う社会であってほしいですね。
通訳の件などは自分も必要なくせに、何を遠慮しているのやらと反省でございます。
声を出さないと何も変わらないということは、
自分が一番よく知っているはずなのに・・。(^^;)

[2006/05/19 21:23] おそら [ 編集 ]

「パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵」 石井道夫さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。

>自分の人生に残された時間の大切さ、いま生きていることのありがたさを再認識することができそうです。

おっしゃるとおり、私も強烈に再認識させられました。
小泉首相をはじめ、多くの国会議員の方々も参加されたそうですから、国としてもきちんと手を打って欲しいものです。

そうは言っても、そこで生活している私たちひとりひとりが、生命の大切さを尊重していくことがなによりも重要なのでは、と思いました。

おそらさま、いらっしゃいませ

先日は、大変お世話になりました。

また、素晴らしいイベントをご紹介くださいまして、ありがとうございました。

恥ずかしながら、今まで知らなかったのです。
会場に伺ってみて心の底から生命の大切さを再認識できたことは、本当に良かったと思います。

亡くなられた方々から発信されている生命のメッセージは、多くの人にも知って欲しいものと思いました。

そのためにも「誰もがメッセージを受け取れる」環境づくりも、皆さまの活動の中に取り入れられていかれると良いと思いました。

会場の入り口も、段差があると車椅子では入れませんし、手話通訳者や要約筆記者が居ないと聞えない人には伝わらないし、点字の説明や音声ガイダンスがなければ目の見えない人には伝わらないでしょうね。

皆さまのご活動は、ユニバーサルデザインの心にも通じるところもあろうかと感じております。

一度に全部を満たすことは出来なくても、開催のたびに少しずつでも発展する方向で取り組まれることを期待しております。

今回のイベントをお知らせくださいまして、本当にありがとうございました。

おひさしぶりです。
ほんとに事故などでなくなられた方は突然で家族も受け入れるのが難しいと思います。
以前患者様で、『今の時代は交通事故なんかで若くてなくなる人がいるんだから、自分はこの年まで生きてもう何も怖くないよ。』
といってた方がいました。
今、小さな子供が事件に会うなどとても悲しいですよね、命の尊さ、自分も改めて感じさせられました。
[2006/05/20 00:41] ばぁでぃ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/385-fa1d5d19


カール・セーガン博士

今日、昔読んだ本をカール・セーガンの本を思い出した。。。。。 カール・セーガン博士(1934-1996)は天文学と生物学の両分野で世界的に影響を与えた人ですが、一際、私に衝撃を与えたのは「コスモス」という本の中での記述でした。(その本は実家に置きっぱなしなので正
[2006/05/18 01:18] URL IT営業マン ほのぼの日記

生命のメッセージ展in国会Part2

5月16日(火)~18日(木)、『生命のメッセージ展in国会Part 2』 が開催されました。16日は憲政記念館にて、一般公開され、「安心して生きられる社会をつくるためには」を
[2006/05/19 21:12] URL 感じるブログ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。