FC2ブログ







電話料金がコンビニで支払えるワケ② 

前回の続きです。

【前回はこちら】
電話料金がコンビニで支払えるワケ①
人気Blogランキングへ!


電話料金を営業時間外に収納した場合に問題になるのが、利用停止解除。
いくら料金の支払いを延滞した1%程度の少ないお客さまとは言え、お支払いいただいたらすぐに利用停止を解除しなくてはなりません。
商売で電話を使っている人も居れば、大事な用件を電話で話す必要がある人も居ます。
ついうっかり支払いを忘れた人も居れば、どうしても電話が必要でなんとかお金をかき集めて来て支払う方も居られるでしょう。
いずれにせよお支払いいただいたのでしたら、電話を停めておく必要はありません。
すぐに使えるようにすべきなのです。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking




ところで電話局には、24時間故障受付と対応をしている故障係という担当があります。
交代制で受付台に就き、お客さまからの故障の問い合わせや話中調べなどを行っているのです。
交換機を24時間直接操作できる操作端末を操ることができるのも、この故障係だけです。

料金を収納したという情報を、なんとかこの故障係に即座に伝達する方法は無いかと考えていた時でした。

衝撃的なニュースに小躍りするも

「東京電力がセブンイレブンで電気料金の収納を開始」というニュースが飛び込んできました。
セブンイレブンさんの東京のほぼ全店で対応するというセンセーショナルなニュースでした。

当時若かった私は、純粋に「やったなぁ~!」と喜んだものです。
さすがは東電さん。
東電さんの料金収納管理システムと、セブンイレブンさんのPOSシステム間で電文のやりとりを可能にした、画期的な収納委託システムでした。

お客さまの利便性を考えれば、「その答えでしょう!」と大いに感心したものでした。

そういうことでしたら、NTTの本社でもじきにこうしたサービスを出すのでしょうと思い、それを確認してからこのプロジェクトは解散しようと思いました。

そこで念のために、上司に本社へ照会してもらうことにしましたが、これもまた図体の大きな会社でしたので一筋縄ではいきません。

当時のNTTの組織は大まかに以下のようになっていたと記憶しております。
「本社」→一定の地方を統括する11の「総支社」→総支社内の一定の地域を統括する「支社」→地域で業務を行う電報電話局や電話局。
ちなみに、この総支社というのは、東京・関東・東海・信越・北陸・関西・中国・四国・九州・東北・北海道に分かれておりました。

地域の電話局(現場)からは、すぐ上の支社を通じてしか上部に問い合わせが出来ないような仕組み(?)もあり、電話局→支社→総支社→本社と段階を踏むのですが、それぞれの段階で「上にあげるかどうか」を吟味することから、それなりに時間がかかります。

そうは言っても、東電さんが料金収納の外部委託をはじめたのなら、ウチでもじきに始まるはずだと思って安心しておりましたところ、しばらくしてラインを通じて私の上司である課長に回答がありました。

「本社では電話料金収納の外部委託は考えていないし、この先も行う予定は無い」

とのことでした。
正直に言って、東電さんがセブンイレブンでの収納を始めたことより、こちらのほうがちょっとショックでした。

独自に考えた手作業スキーム

そういうことだったら、規模は小さくても電話局レベルでも実現しようと思い、またもや精力的にプロジェクトに取り組むことにしたのです。
お客さまをいつまでもお待たせするわけには行きませんし、かねてから東京エリアでもワーストと言われ、肩身の狭かった料金回収率も早く向上させたい気持ちからでした。

しかしながら、力のある上部機関にそっぽを向かれた形になったので、どうしても東電さんのように大掛かりなシステム化はできず、当初は手作業で行わざるを得ませんでした。

方式としては、収納代理店となった店舗からは、電話料金収納時に請求書片を即座にFAXで電話局の料金担当に送付してもらうといった形で実現することにしました。
資金の移動は、料金収納日の翌日に収納代理店の口座から電話局の出納担当の口座に振り込みを行うことで対処することにしました。
これは毎日送金することで、万が一契約先の店舗に事故があったとしても、被害は一日分の収納額だけに留めようという理由からでした。

夜間の利用停止解除は、結局、料金をお支払いした際にお店から連絡用の電話番号を書いた紙をお客さまに渡し、お客さま自身で支払った旨のご連絡を故障係していただくことにしました。
これは、お店にそうした事務処理を課すことによって収納取り扱い手数料が高くなってはいけないという配慮からでした。

こうして手作業ながらも、電話局チームの料金収納委託スキームの詳細が詰まってきました。

次は、取り扱い手数料を決めなければなりません。


<次号へつづく>

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除

[2006/02/27 11:39] お知らせ | TB(0) | CM(6)

続きが・・・

益田さん、こんにちは!!
続きが、早く読みたいです・・・(笑)

[2006/02/27 02:57] ヤマニ [ 編集 ]

確かについうっかりしていて支払いを忘れる場合とかありますよね?なので、ある程度期間を設けるとか必要かもしれないですね。。。

[2006/02/27 04:21] ワンクリックしました! [ 編集 ]

ヤマニさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>続きが、早く読みたいです・・・
うーん・・・プレッシャーかかりますねぇ。
頑張ります。(^O^)

ワンクリックしました!さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>ある程度期間を設けるとか必要かも
もしかして、ご経験者でしたか?
( ̄ー ̄)ニヤリッ
確か支払い期限から一定の期間は大丈夫でしたよ。
その間に催促のはがきを送ったり、必要に応じて電話でお知らせしたりしていることと思います。
(離れて大分経ちますので、正確な情報じゃないかも知れませんが)

懐かしの

懐かしいネタが展開されていますねぇ。
そういや、コンビニ収納といえば、
今度、バーコードの仕様が変わりますね。
最近、システムにはうとくて……。

[2006/02/27 15:54] ARAYA [ 編集 ]

ARAYAさま、いらっしゃいませ

お久しぶりですね。(^O^)/
また遊びにいらしてくださいませ。
>今度、バーコードの仕様が変わりますね。
それは大変ですね。
色々なところに手を入れて直さなくてはなりませんから、お金もかかりますね。(^^;;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/311-d194fce5