FC2ブログ







電話料金がコンビニで支払えるワケ① 

今日から少し、昔話をまじえて電話料金がコンビニで支払えるワケについて書き残しておこうと思います。
人気Blogランキングへ!


新入社員の一言から始まった。

当時の日本電信電話公社が民営化して、日本電信電話株式会社(NTT)となったのが昭和60年。

その年の10月に私はNTTに採用され、東京の足立区にある西新井電話局に配属になりました。

大学を卒業して、社会人1年生です。

NTTに入社した当時は、これまでの親方日の丸体質から脱皮すべく、社内で改善活動を推進し展開しようというトップの旗振りで、にわかに現場にも改善の風が吹き始めた頃でした。

しかしながら、当時は工事に携わる人達の中には勤務時間中に入浴したり、事務系の仕事に就いている人たちも朝の10時と午後3時にお茶の時間をとるなど、緩慢な仕事をしていた人も居た頃です。

トップダウンで吹いてきた改善の風も、こうした現場に取り入れることは容易でなく、課長などの一部の管理職が仕方なしに手法だけ真似て、取り組んでいるように見せ、上に報告していたようです。

こうした時には、どっぷりと親方日の丸に漬かりきっていた古株社員よりも、まだ入社して新しい若手社員と女性の起用を考えるようです。

当時新入社員だった私も入社して丸1年経ったころ、西新井の電話局長も若く元気な方が赴任され、若手社員と話しをする機会を設けてもらった時のことでした。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking





局長:「みんなの新鮮な目で見て、もっとこれから改善が必要だと思うことはありませんか?」

益田:「西新井電話局の管内は、エリアが広い割には金融機関が少なく、交通の便もよくありません。また、地代家賃が安いことから単身者が増えています。こうした状況から電話料金の回収率に影響が出てきています。お客さまに催促をしても、遠くて電話局まで行っていられない、支払いの出来る場所が近くに無い、支払い場所が空いている時間に行くことが出来ないなどの声をいただいております。金融機関のようなものを増やすなり、せめても料金収納時間を増やすようなことが出来ないものでしょうか?」

こんなことから、「それじゃ益田君やってみるか」ということになり、当時私の直属の上司である女性課長も、毎晩深夜にタクシーで帰宅するというとんでもないことに巻き込まれていきました。

社内の壁

まず電話局の料金収納窓口の営業時間を延ばすということは、労務上の問題もあり大変困難でした。当時の労働組合の力は強く、解決をはかるには時間がかかりすぎるという問題があるとともに、電話局には交換機など通信のための重要なインフラ設備があることから保安上の問題もクリアしなければなりません。

変な話ですが、図体の大きな会社を変ようとしても、現場の新入社員が騒いだところでどうにもなりません。

そこで営業時間の延長の話はひとまず置いて、外部での料金収納の方策を進めることにしました。

しかし、これも元々保守的な会社には、大変衝撃的なことだったようです。
「会社の金を金融機関以外のところに置くなどということは、まかりならん。事故があったらどうずるのだ」と経理部門は猛反対。

とにかくリスク管理にはうるさい会社ですので、よほど安全が保証できる根拠がないと首を立てに振らないのです。
ま、そこが安心できるところでもありますし、信頼の置ける会社であるが所以なのでしょう。

そこで、私も入社2年目になり後輩でも出来ましたことから、その後輩も巻き込んで「与信」に関する調査と研究を行い、サービスエリア内にいくつかの信頼のおける店舗を候補にあげ、シミュレーションをすることにしました。

帝国データバンクなどもその時に初めて使ってみましたが、これはと思った店舗には出掛けて張り込み調査までやり、経営状況などもつぶさに調べ上げてきました。
そんな経験から、今でも危ない会社はすぐにピーンときます。

次に手をつけたのが、「契約」に関するものです。
ここがまたリスク管理の厳しい会社ですから、難関でした。
社内には契約に関することや経理に関することなどは、それぞれが電話帳のような厚さの規程になっており、それらの条件をクリアしないことには契約が出来ません。

入社2年目の私と、入社したばかりの男性後輩社員と二人で職場に泊まりこみ、電話帳のような厚さの規程集を読み込んで勉強したものでした。
法律関係の本を買って読み漁ったのも、この時でした。
日中は当然に本来の担当業務がありますので、こうした活動は業務時間外でやらざるを得ません。
何週間も家に帰らないこともありましたが、充実して楽しい毎日だったと記憶しております。

さて、そうしたことからなんとか社内の規程をクリアできるような契約が出来そうになってきたところで、今度は契約条件である事務処理と代理店で収納する場合のお金の管理と資金移動や手数料の設定、社内における収納消しこみなど、具体的な内容をつめなければなりません。

ご経験のある方は少ないことと思いますが、電話料金は支払いを滞らせると利用を停止されてしまいます。
こうした方は、全体の約1%程度なのですが、支払いがあったらすぐに電話を使えるようにしなければなりません。

当然夜間ですから、電話局に事務職員は居ません。

<次号へつづく>

[2006/02/25 11:05] ひとりごと | TB(0) | CM(16)

こんにちは、中村です。
苦労があったのですね。
次号楽しみです。
NTTで働いていたんですね。

[2006/02/25 04:32] 観じる日記 [ 編集 ]

観じる日記の中村さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
そうなんです。
かつては、NTTでお世話になっていました。
面白かったですよぉ~。
本当にいい会社でした。

益田さん、こんにちは。

NTT、安定した、大きな会社のイメージがありますが、いろいろ、大変な裏側もあるのですね。
電話料金がコンビニで支払えるのも、別に、今は、普通のことだけど、そういう会社が、サービスをスタートさせるのも、今だから言えるご苦労がおありだった様子。
続きも、楽しみです。

[2006/02/25 05:00] 美人手帳 watanabe [ 編集 ]

こんにちは!!
発想を実現するのは大変なことですよね。
それもNTTという大企業で・・・
凄いです。

[2006/02/25 06:35] ヤマニ [ 編集 ]

美人手帳 watanabeさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
このお話はいろいろと不思議な縁も出来たりと、自分で言うのもなんですが、なかなか面白い展開になろうかと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。(^O^)/

ヤマニさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
面白いもので、一所懸命にやっていると何故か強力な協力者が出てきたり、とんでもないところからヒントが見つかることもあります。
だから面白くて、やめられないです。(^O^)

こんにちはー!(*´∇`)ノ
今日は益田さんの若かりし日の体験談なんですねー!
昔からすごい行動力でいらしたんですねー!
続きが気になります。

[2006/02/25 06:50] にわけん [ 編集 ]

にわけんさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>昔からすごい行動力でいらしたんですねー!
(⌒▽⌒)アハハ!
そうなんです。
頭が回らない分、汗をかいて乗り切ってきた感じです。(^O^)

こんばんわ!今は本当に便利な時代になりましたよね?コンビ二に行けば、ほとんどなんでも間に合う時代になりましたよね?

[2006/02/25 11:36] ワンクリックしました! [ 編集 ]

リンクありがとうございました。

農家の本棚運営者の玲治です。
リンク張って頂きありがとうございました。
こちらも相互リンクサイトとして、リンク集の方へ張らして頂きました。
これからも宜しくお願いします。

[2006/02/25 22:24] 農家の本棚 玲治 [ 編集 ]

目に浮かぶ

こんにちは!石井です。
益田さんの若いころの体験談、このあとが楽しみです。
それにしても、ずいぶん前のことなのに詳細に書かれていてすごいですね。
状況が目に浮かぶような感じです。

続き楽しみにしています。

あたしもコンビニでの支払いがメインですね。
会社に泊まりこみ、尊敬します。
やりがいのある仕事ですね~。
よく学生のころは、徹夜でレポートはありましたが・・・・。

[2006/02/26 12:41] ばぁでぃ [ 編集 ]

ワンクリックしました!さま、いらっしゃいませ

こんにちは!
確かに便利になりましたね。
コンビニに行けば、何でも揃いますものね。
その反面、専門性を特色にしたお店も流行ってきています。
面白いものですね。(^O^)

農家の本棚 玲治さま、いらっしゃいませ

こんにちは!
相互リンク、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵 石井道夫さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
そうですねぇ・・・もう20年くらい前の話ですのでお恥ずかしいのですが、当時は思慮も足らず馬力ばかりで乗り切っていたようです。
反省も込めて書き残しておこうとおもいました。

ばぁでぃさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
徹夜続きでも平気だった頃の、若い体力はもう既に無し。(^^;;
今ではそんなに無理はききませんが、当時に比べたら少しは知恵も回るようになってきましたので狸おやじよろしく立ち回っております。
はぁでぃさんも、ガッツありますね。(^O^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/310-d1fdc012