FC2ブログ







弱者の生き残り戦略 

「兵法三十六計」守屋 洋著(知的生きかた文庫)を読み返し始めました。
その中で、強者の戦い方のひとつに「二十四計 仮道伐虢(かどうばっかく)」というものがあります。
人気Blogランキングへ!

なぜ、突然兵法などを読み返したのかと申しますと、ふと昨日見たミナログさんの記事「倒産した会社(1)」がきっかけになったからです。

そういえば、弱者が生き残っていくための戦略が書いてあったなぁ・・・
この兵法が、ミナログさんで紹介されている会社に当てはまるかというと、そうではないかも知れませんが、私も弱者の一人として気をつけていきたいと思います。

仮道伐虢とは、小国の弱みにつけこんでこれを併呑する策略である。
ただし、軍を動かすには、それなりの大義名分がなければならない。相手が他国の攻撃を受けて救援を求めてくるようなときこそ絶好の機会だ。そんなときには、ためらわずに軍を送って影響力を拡大し、機を見て併呑する。そうすれば、国際世論の非難をかわしながら、労せずして勢力圏を拡大することができます。


・・・だ、そうです。

そして、その中で「弱者の生き残り戦略」についても、紹介されています。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking





 「仮道伐虢」は、強者が弱者を併呑する策略であるが、いずれにしても、強者が弱者を併呑するのは、その気になればむずかしいことではない。問題は、効率よく、しかも大義名分をそこなわないで、それを行うことだ。「仮道伐虢」のねらいは、そこにあると言ってよい。
 逆に弱い立場のものが、強者に伍して生き残りをはかるのは、きわめて困難である。そういうなかで生き残りをはかるためには、つぎのような条件がみたされなければならないであろう。

(1)内部がまとまっていること。内紛や分裂があったのでは、強者につけこむ隙を与える。

(2)挑発的行動は避けること、そんなことをすれば、強者に「やる気」を起こさせてしまう。

(3)力をわきまえること。分不相応な言動は、強者の憎しみと怒りを買うだけである。

(4)外交力を身につけること。紛争の解決には全面外交であたらなければならない。


これは何も戦争や商売の上の話だけではなく、どこでもありそうな事だと思います。

それでは早速、この4つの条件にしたがって、拙いながら私自身が反省してみたいと思います。

(1)についての反省
今のところ私どものところは、皆結束が固く信頼しあって仕事のできる職場ですから、なんとかなっていることと思います。
ただ、その信頼関係を維持し、高めていく努力を怠ってしまうと状況が変わってしまうでしょう。日ごろからの心がけを大切にしたいと思います。

(2)についての反省
自分では挑発的なことはしていないつもりですが、気づいていない部分もあろうかと思います。そこは周りの人の意見なども聞きながらチェックしたいと思います。
ただ、大人しすぎるように見える面もあるそうですから、そこも少しずつ積極性のある態度を出していかれるようにしたいと思います。

(3)についての反省
分不相応な発言。むしろ、これがなかなか出来ないことの一つだったりもします。大風呂敷を広げたり、知ったふうに世の中を語ったりというのは、私の苦手なところです。

(4)についての反省。
紛争こそありませんが、外交はしていこうと思っております。いままでが少々腰の重たいところもあり、積極的に出掛ける機会をつくってこなかったことを反省しております。今年は少し外に出ていきます。

色々なものの見方で自分自身をチェックしてみると、意外と見えていないところが見えてきたりもします。

私と同様に弱者の方、同様にチェックしてみませんか?


【余談】
このところ、参加しているランキングが驚くほど上昇中です。
応援してくださった方には、心より御礼申し上げます。
このところの出張講座や講演などの機会に、ちゃっかりブログの宣伝をさせていただいておりますが、本当にわざわざお越しいただき投票までしていただけるとは思っておりませんでした。
皆さまには、貴重なお時間をいただけて、心より感謝しております。
ありがとうございました。



↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除

[2006/02/19 12:03] ひとりごと | TB(0) | CM(14)

このように
読んで良かったと
終わらせるのではなく
きちんと、わが身に
落とし込む姿、尊敬します。
私も、常に自分に当てはめていきます。
ありがというございます。

[2006/02/19 05:37] 観じる日記 [ 編集 ]

こんにちは。
私も、3.4が駄目ですね~。

[2006/02/19 05:58] ヤマニ [ 編集 ]

弱者

スマイルハートの社長です。
兵法、私の好きで何度も
読んでいます。
2,3が弱いです。
気をつけてがんばります。
応援クリック、ポチッと!

[2006/02/19 14:25] スマイルハートの社長 [ 編集 ]

こんばんは
弱者、強者にかかわらず
外交力は大事ですよね。

[2006/02/19 14:39] みっちゃん [ 編集 ]

観じる日記の中村さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>きちんと、わが身に落とし込む
お褒めにあずかり光栄に存じます。
また、いつも少ない言葉の中に、核心をついたコメントをありがとうございます。
そこからも勉強させていただいております。
尊敬に値するかどうかはともかく、せっかく買った本ですから、愚直に実行してみようということは心がけております。
ありがとうございました。

ヤマニさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
もしかして、私と同じですか?(^O^)

スマイルハートの社長さま、いらっしゃいませ

こんにちは!
兵法がお好きなのですね。
どうりでお強いと思いました。(^O^)

みっちゃんさま、いらっしゃいませ

こんにちは~!
「がんばれみっちゃん」楽しく拝読させていただいております。
外交ですね・・・
私も出不精なのを、なんとかせねばと思っております。(^^;;

兵法

こんにちは!石井です。
戦争は肯定したくないですが、「兵法」は参考になる点が実に多いですね。
今日の4つの条件も非常に納得させられます。
ありがとうございました!

「パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵」 石井道夫さま、いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。
兵法は有効な戦い方を指南していますが、逆に読んでみると「戦わせない」あるいは「戦わない」やり方をも示唆してくれます。
これがまた、面白かったりします。

強者ってなんなのだろうか・・・
と最近思うことがあります。
会社の規模?
でも今じゃ大手メーカーも企画するだけで製造は丸投げだし。
中小企業のほうが技術も知識も豊富のような気がするんです。
するとお金?
確かに多く持っているのは強者ですが、使って無くなるお金は一時的なモノ。
そうするとなに?
やっぱり強い心の持ち主が強者と呼べるのでは無いでしょうか。
強い心をもった集団は、大きさでは計り知れないコトをやってくれますから。
益田さんのところはイイところ行っていると思います。

[2006/02/20 03:01] みどりかわ@ミナロ [ 編集 ]

みどりかわ@ミナロさま、いらっしゃいませ

こんにちは~♪
>強者ってなんなのだろうか・・・
いきなり大きなテーマですね。
>やっぱり強い心の持ち主が強者と呼べるのでは無いでしょうか。
うーん。
さすがです。
そういう見方もあるのですね。
でも、強い心も正しい方向を向いていないと怖いですね。

一つ一つ反省をされている益田さんに感激です。
振り返りって大事ですよね!
(3)についての反省
益田さんの人柄でしょうか?
とても好感をもってしまいます(^O^)

[2006/02/20 05:38] ばぁでぃ [ 編集 ]

ばぁでぃさま、いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。
>(3)についての反省
人柄・・・そう、愚直な人柄なのでしょうねぇ。(^^;;
もうちっと、ハッタリのひとつもかませないとダメなんでしょうね。
ま、それなりに身の丈でやっていくほうが、性に合っているようです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/301-8f995805