FC2ブログ







みな支えあって生きている 

メールで送られてきたご相談。
同じような悩みをお持ちの方が沢山居られます。
人気Blogランキングへ!

突然のメールで失礼します・・・(o*。_。)oペコッ
色々読ませていただいてます♪ ちょっと質問というか相談があったのですが、
聴覚障害者が会社で働く環境というのは厳しいのが現状でしょうか?
会社によっても違うと思いますが、周りの理解度はまだまだ低めですよね?
私の彼は、ろう者です。会社で色々悩んでいるようですが、手話を会社で教えてるところもあると聞きました。この違いはどこから出てくるのでしょう?
会社に一人でも、分かり合う努力をする人がいればいいのですが・・
勿論本人の努力も必要ですが、部外者(その会社に勤めてない外部の人、、
例えば私)が手話の活動を促進する事とかって不可能ですよね?(^^;) 
・・・( ̄  ̄;) うーん 悩みます。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking





そして回答。

○○さん、はじめまして。

ずっきんこと、益田です。
拙ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

> 突然のメールで失礼します・・・(o*。_。)oペコッ
> 色々読ませていただいてます♪ ちょっと質問というか相談があったのですが、
> 聴覚障害者が会社で働く環境というのは厳しいのが現状でしょうか?


聴覚障害者云々というよりも、やはり「要領の良し悪し」が関係してくるかと思います。
ろう者でも、大企業で重要なポジションに居る人もいれば、会社の社長になっている人もいます。

> 会社によっても違うと思いますが、周りの理解度はまだまだ低めですよね?
> 私の彼は、ろう者です。会社で色々悩んでいるようですが、手話を
> 会社で教えてるところもあると聞きました。この違いはどこから出てくるのでしょう?
> 会社に一人でも、分かり合う努力をする人がいればいいのですが・・
> 勿論本人の努力も必要ですが、部外者(その会社に勤めてない外部の人、、
> 例えば私)が手話の活動を促進する事とかって不可能ですよね?(^^;) 
> ・・・( ̄  ̄;) うーん 悩みます。
 

お悩みのようですね。
「これだ!」という解決方法は無いのですが、以下のものが参考になれば幸いです。

http://kagayaki.blog13.fc2.com/blog-entry-214.html

http://kagayaki.blog13.fc2.com/blog-entry-240.html

私自身は、周りに聞こえない自分のことを配慮して欲しいと言うことは、まずありませんね。
むしろ、聴者(健常者)に対して配慮しようとしてきた感があります。
「聞こえないことでご迷惑をおかけするかと存じますが、どうぞよろしくご指導くださいませ。」といった感じですね。
発想を逆転させることにより、解決することもありますのでよろしかったらお試しくださいませ。(^O^)/




そして、ご返事をいただきました。

なるほど・・ありがとうございますo(*^▽^*)o~♪ お互いが配慮し合えれば一番いいですね(*^^) 彼にもそれとなく言ってみます!
ありがとうございました! 紹介して頂いたサイト、今からチェックします♪


その彼氏さんは、幸せ者ですね。(^O^)
彼女さんも健気で、素敵です。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★人気blogランキング

★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking

【お知らせ】メルマガも発行しております。
お勧めブログなども紹介しておりますので、読者からのお勧めブログの推薦も歓迎いたします。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)
登録も解除も、以下のリンクをクリックして空のメールを送るだけで簡単にできます。規約

 ★メルマガ登録
 ★メルマガ解除

[2006/02/23 14:36] お知らせ | TB(0) | CM(17)

こんにちはー!(*´∇`)ノ
益田さんのご回答、まず感動!そして勉強!
させて頂きましたー。
やはりハンディというものとキチンと向き合って
前向きな姿勢で取り組めば、それはもはや
ハンディですらなくなるんですねー!
益田さんのお考えにはホントいつも感服いたします!
何事もまずは意識の持ちようなんですねー。

[2006/02/23 07:14] にわけん [ 編集 ]

さすがです・・・^^

益田さん、こんにちは!!
私も同じような相談を受ける時があります。
正直、各人の状況が違うので返答に困ってしまうことも有りました。
益田さんの受け答えさすがです・・・!
勉強になりました。

[2006/02/23 07:33] ヤマニ [ 編集 ]

すばらしい

スマイルハートの社長です。
やはり益田さんですね。
素晴らしいです。
相手の気持ちを考え、また前向きにさせるこの回答
すごいです。感激しました。
応援クリック、ポチッと!

[2006/02/23 11:11] スマイルハートの社長 [ 編集 ]

相談

こんにちは!石井です。
いままで何回かありました相談とそれに対する益田様の受け答えの記事、とても参考になります。
またこんな話があったらぜひお聞かせください。
ありがとうございました!

私は難聴者ですが、勤めている者として一言。
周りの(特に直属の上司)が聴覚障害を理解してくれて、普通に人として接してくれれば勤めることは難しくないと思うのです。仕事ができないと判断されたなら雇ってくれないはずなので、職場で自分ができることを頑張るだけです。ハンデを武器に彼氏さんには頑張っていただきたいです。

[2006/02/23 12:44] えみ [ 編集 ]

初めまして(^^)

初めて伺いました<(_ _*)>
益田さんのお人柄、この記事を見ただけでも
とっても伝わってきました。
前向きでいて気配り、心配りできる人って尊敬します。
私の友人にも体に障害を持った人がいるのですが
あまり外に出たがらないので、
是非、このブログを紹介してみようと思います(^^)
今後とも、よろしくお願いします!

アドバイス

私も私と同じ障害を持ってる方たちから、HPやメールで相談を受ける事があります。
その都度、自分の経験からお返事させて頂くことが多いけど、やはり、自分の病気について、自分が一番受容していく事が基本ですよね。

[2006/02/23 15:04] きよきよ [ 編集 ]

にわけんさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>やはりハンディというものとキチンと向き合って
前向きな姿勢で取り組めば、それはもはや
ハンディですらなくなるんですねー!
おっしゃるとおりだと思います。
ハンデは、誰にでもあることだと思います。
それを分かって上で、どうしていくかが解決のポイントになろうかと思っています。
どうにもならないものを、悩んでも仕方ないですからねぇ。(^^;;

ヤマニさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>各人の状況が違うので返答に困ってしまうことも
そうなんですよね。
ただ「やり方」だけだと無数にありますし、その人や置かれた環境によって様々ですものね。
でも、「やり方」だけを聞いてくる人って、結構居ますね。
そこがそもそも問題かなぁ~、なんて思っております。
そうそう、誠に勝手ながら拙ブログリンク集に加えさせていただきました。
ご迷惑でしたら、その旨ご遠慮なくおっしゃってくださいませ。

スマイルハートの社長さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
お褒めにあずかり、恐縮です。
でも、社長には、かないませんよぉ~(^^;;

「パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵」 石井道夫さま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
毎度古い記事をお見せして、すみません。<(_ _)>
でも、そのくらい同じような悩みを持っておられる方が多いようです。
早く気づいて、前に向かって歩いていって欲しいと思います。
前に進んでも立ち止まっても、時間だけは容赦なく過ぎていってしまいますものね。
いつもありがとうございます。

えみさま、いらっしゃいませ

こちらのコメントでは、お久しぶりですね。
いつもお世話になっております。
また、今回は弊スクールのご紹介までしてくださいまして、ありがとうございます。
>周りの(特に直属の上司)が聴覚障害を理解してくれて、普通に人として接してくれれば勤めることは難しくないと思うのです。
うーん・・・
それはそうなのですが、理解してもらうためには、こちら側から周りに理解を示していくほうが早いかなと思います。
>職場で自分ができることを頑張るだけです。
そうそう!
お互いに、頑張りましょう。(^O^)

mimi 【月収300万円への道】さま、いらっしゃいませ

初めまして。
ようこそお越しくださいました。
何かハンデやコンプレックスがあると、外に出なくなってしまう人って多いように思います。
ただ、ハンデやコンプレックスは誰にでもあることなのでしょうから、良さを生かして外に出ていったほうが良いように思っております。
私の友人でも「若ハゲ」を気にして、女性の前に出られないという人も居ました。
その人には、ハゲと思わず「顔が広いのだ」と思ってみたら?と言ったとたんに、積極性が出てあっという間に彼女をみつけて結婚したということもありました。
見方を変えると、面白いものです。

きよきよさま、いらっしゃいませ

いつもお世話になっております。
>自分の病気について、自分が一番受容していく事が基本
そうですね。
病気もそうですが、苦手なことやコンプレックスなどもそうだと思います。
それを受け止めて理解し、自分自身をプラスに転じていいく発想が出てくれば、しめたものだと思います。
そこにたどり着くまでに、悩んでしまうのでしょうね。
今までどおりでダメなら、見方を変えて自分を活性化させていって欲しいものです。

成程です

私のブログにもコメントいただき、ありがとうございました。
迷惑をかけるからと遠慮するのではなく、
お互いのために配慮し合うなかで、
配慮の必要性を伝えることができるのでしょうね。
配慮を受けなければならないハンディがあっても、別の形で人を支えることもできますし、発想の転換で人生は開けますね。
前向きに行こうと思います。
ありがとうございました!

[2006/02/24 08:42] おそら [ 編集 ]

おそらさま、いらっしゃいませ

こんにちは!
素敵なコメントをくださいまして、ありがとうございました。
そうなんです。
「出来ないからトーゼン!」なんて威張っても仕方が無いですものね。
出来ない分、他で役に立てることも探していくと、何かが見えてくるかも知れません。

こんにちは

再度のコメントすみません。
勝手ながら、私のブログで
こちらの記事のリンクと
ブログのリンクをさせていただきました。
最近聴覚障害について悩んでおりましたが
益田さんのブログを読ませていただいて
道が開けてきたような気がしています。
ありがとうございました。

[2006/02/26 05:11] おそら [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/275-d1bba4b4