FC2ブログ







情報バリアフリー分野の日本工業規格の制定 

総務省・経済産業省連名の発表です。
コメント・トラックバックなどもどうぞ。

10月20日付けで、携帯電話、固定電話、FAXなどにおいて、高齢者や障害者等が利用可能となるよう配慮すべき事項のガイドラインとして、日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第四部:電気通信機器」が制定されました。

人気blogランキングへ 
↑いつもクリックをありがとうございます!
(o*。_。)oペコッ





【以下、全文です】

1.総務省及び経済産業省は、学識経験者、事業者、障害者団体等の協力を得て、高齢者や障害者等に配慮した電気通信機器の設計指針について検討を進めてまいりましたが、この度、10月20日付けで、日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第四部:電気通信機器」(JISX8341-4)として制定されました。


2.この規格は、携帯電話、固定電話、FAXなどの電気通信機器が高齢者や障害者等にとって支障なく利用可能なものとするために配慮すべき要件を規定しています。
 具体的な配慮内容の例としては、音量の調節機能、触覚でも識別できるボタン、メールなどの音声読み上げ機能の推奨などがあります。
 このJISの制定により、高齢者や障害者等が電気通信機器を利用する際のアクセシビリティの向上が期待されます。


3.本規格は一連の情報アクセシビリティ(注)JISの一つであり、関連規格として、平成16年5月20日には、「第一部:共通指針」、「第二部:情報処理装置」、平成16年6月20日には、「第三部:ウェブコンテンツ」が制定されています。
(注) 情報アクセシビリティ: 高齢者・障害者が、情報通信機器、ソフトウェア及び(これらによって実現される)サービスを支障なく操作又は利用できる機能。


4.なお、本JISに関連した国際標準化活動として、日本からITU-T(国際電気通信連合の電気通信標準化部門)へ電気通信アクセシビリティガイドラインの策定について提案を行い、検討が開始されています。


5.また、平成17年度には、本JISの他、コピー機、複合機などの「事務機械」に関する個別規格の制定が予定されています。

【参考URL】
 http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051020_2.html

人気blogランキングへ 
↑いつもクリックをありがとうございます!
(o*。_。)oペコッ


人気Blogランキングへ


[2005/10/21 16:32] お知らせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagayaki.blog13.fc2.com/tb.php/171-8b4ddb75