FC2ブログ







【かがやきの思い入れ】<第558話>「一人一人と向き合い寄り添うこと」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.746) 2017/09/01より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今回のかがやきの思い入れは、「一人一人と向き合い寄り添うこと」と題して
かがやき夢工場での取り組みについて紹介したいと思います。

かがやき夢工場は障害者就労継続支援施設(B型)ですから、まぎれもない福祉施設です。就労を目指した福祉施設ですから、当然その使命を負って活動をしております。
かがやき夢工場に集まるメンバーさんは、50歳以上の高齢者や障害者等、官公省庁や一般企業等での就職が困難な方々が対象です。
それでも出来ることを通じて社会のお役に立ちながら、なんとか就職や独立の道を模索しながら日々研鑽しております。

私たち職員は、そうしたメンバーさん一人一人と向き合い「本人のやりたいこと」の実現に向けて友人のように向き合い寄り添って支援するよう心掛けております。
私自身も障害者の一人ではありますが、本当の「救い」とは「自分のやりたいことが自分で出来ること」だと思っております。
もちろん人間ですから、必ず誰かの助けがなければ生きられませんし助け合うから人間社会が成り立っていることと思います。
しかしながら、支援という名のもとに全部やってもらっては何も救われません。
自分で出来るようになるまで、友人のように向き合い寄り添い、気軽に相談したり一緒に悩んだりしながら成長していく過程をお互いに楽しんでおります。

中には70歳を過ぎてから仕事を持てた、ろう者(聴覚障害者)もいます。
あきらめずに、根気よく気長に付き合っていく。それがかがやきのスタイルでもあります。 

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/02/23 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)