【かがやきの思い入れ】<第538話>「石の上にも3年は、本当だったと思う時」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.726) 2017/4/14より


かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「石の上にも3年は、本当だったと思う時」と題して、3周年となった毎週金曜日に開催している「かがやき酒話サロン」についてご紹介したいと思います。

かがやき酒話サロンは、毎週金曜日に開催しております。
ルールは簡単で、「食べ物飲み物は自分で持ち込み」「ごみも自分で持ち帰り」「出会った人と楽しく交流しよう」。この3つだけです。

この酒話サロンも、構想(妄想)2年、実践3年になりました。

始めた当初はモノ珍しさで大勢の人でにぎわったものですが、1年経てば少数のいつもの顔ぶれ。

今思えば、起業した頃もそうだったかと同じ体験をしているようです。
起業して1年・2年は、お米も買えず電気やガスも止められるなど苦しい生活をしたものでしたが、今思えば3年目から少しずつ食べられるような成果が出てきたものでした。

かがやき酒話サロンも昨年はごく少数の仲間だけが集まる小さな集まりでしたが、続けてみると今年からはいつの間にか大人数のサロンになりにぎやかで楽しい場所になっていました。

ちょっとかじって「これは自分に合わないという判断の早さも良さのうち」でしょうが、私は苦しかろうが辛かろうが「誰がなんと言おうがやり続けていく」という頑固なタイプなのかも知れません。

起業も遊びも人付き合いも、私の経験では3年続いた先から益々世界が広がっております。
「石の上にも3年」は、私の中では「ほんとうのこと」のように思えております。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2017/10/06 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)