【かがやきの思い入れ】<第479話>「同じ屋根の下で学び、知恵を出し工夫をしあう仲間」 

<※かがやきパソコンスクールが発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
(かがやき ニュース(No.667) 2016/2/5より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。
  
今回のかがやきの思い入れは「同じ屋根の下で学び、知恵を出し工夫をしあう仲間」と題して、かがやき夢工場での日常の一幕をご紹介したいと思います。

かがやきでは創立以来、終始一貫「自主活動」を推奨しています。

家に帰れば話し相手もなく誰とも話すことのない時間を過ごしたり、あるいは家族に虐げられたり、そこまでいかなくても音声会話の中で聞こえない一人として寂しさを感じている人も居ます。
どうしていいのだろうか、何をしていいのだろうか。
わからないまま過ごし続けたことに慣れてて、とうとう考えなくなってきている人もいます。

「やれそうなことには、チャレンジしよう。」
「この中で失敗したって、いいのですよ。」

何と申しますか。
「失敗するチャンス」というものも挑戦の証拠ととらえて、好きに活動をして
もらうようにしています。

集まった仲間で知恵を出し工夫をするなかで、毎日が「へぇーそうだったのか」や「ああ、その手があったか」というような小さな開眼。
小さなことを積み重ねながら、よき先輩として次世代につなげていく工夫を楽しみ続けたいと思っております。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2016/03/25 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)