【かがやきの思い入れ】<第549話>「歴史を学ぶ」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.737) 2017/06/30より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「歴史を学ぶ」と題して、本日金曜日の酒話サロンでの一場面についてご紹介したいと思います。

かがやき酒話サロンは、出入り自由、食べ物飲み物各自持ち込み、ゴミは持ち
帰りがルールの無料でかがやきの施設を開放しているサロンです。
今日はたまたま、参加したろう者の一人から、以前「真岡郵便局」の話を私から聞いたことがあるが、もっと詳しく知りたいとの提案がありました。
参加者の多くは、その話を知りません。
「何?何?」ということになり、終戦直後に若い女性電信員さんたちに起きた事件のことを紹介しました。

内容の詳細はここではお知らせしませんが、私たちが今生きているのは、その時代を懸命に生きた先人たちのお蔭だよねということになりました。
高齢者が多いとは言え、戦後生まれだったり戦中に生まれて終戦時は赤ちゃんだったり幼児だったりしたため戦争を知らない人たち。
もちろん私も体験などしたことはありませんが、私たちが今いるのは先人が作った歴史の延長線上であることは理解しているつもりです。
命をかけて命をつないでくれた方々に、心から感謝したいと思っております。

そんな気持ちを酒話サロンで少し共有できたのも、よかったと思いました。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2017/12/22 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)