【かがやきの思い入れ】<第557話>「多くの方々に支えられた15年」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.745) 2017/08/25より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「多くの方々に支えられた15年」と題して、来週土曜日に予定している「かがやき15周年記念文化祭」についてご紹介したいと思います。

独立してから丸15年が過ぎました。
当時は誰がやっても成功しないと言われ、誰に聞いても「やめておけ」と言われたものでした。
しかし、やってみればなんとかなるものなのだなと、ここまで来れば言えそうです。

また、以前お世話になっていた会社の上司や同僚後輩ともずっと長く交流させていただいております。
定年でも「退職したら以前の職場とはそれっきり」という話もたまに聞きますが、長く交流させていただけているのは幸せですし何よりも恵まれているのだなと感謝しております。

そして明日は、15回目の記念行事として「かがやき15周年記念文化祭」を開催いたします。
最初の1周年は、近所の「養老の瀧」という居酒屋でした。
1年1年歩いてきた足跡を思い出しながら、今年は15周年記念誌も制作しました。

準備万端整えて、明日のイベントを迎えたいと思っております。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/02/16 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第556話>「感謝の15周年」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.744) 2017/08/18より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「感謝の15周年」と題して、来週土曜日に予定している「かがやき15周年記念文化祭」についてご紹介したいと思います。

私どもは16年前に「聞こえなくても安心して学べる場所をつくろう」と、聴覚障害者に対応したパソコンスクールを立ち上げました。
それ以来一貫として、聞こえない仲間のスキルアップ支援に取り組み、個々人の能力を高め社会に貢献できる人材育成に取り組んでまいりました。
そして5年前には、「聞こえなくても安心して学び、働ける場所をつくろう」と、現在のかがやき夢工場(東京)とかがやき夢農場(山梨)を作りました。

従来の聴覚障害者の活動や社会的な運動は、聞こえない人のために取り組むスタイルがほとんどでした。
聞こえない人たちのための情報バリアフリーを訴え、聞こえないことの苦しさや特性について社会に理解を求め地位向上を目指すものです。

しかしながら私どもは、その正反対の活動をしています。
具体的には聞こえない側から聞こえる側に役立つ人材として、私たちの側から聞こえる人の理解と支援を促進していこうということです。そのための手段としてスキルアップなのでした。

これは従来の活動や社会的な活動とは一見して相反することのようですが、私としては同じ山の頂上を目指していることと思っております。
ただ、登り口と登り方そしてたどる道が違うだけで、両者は同じ目標を目指した表裏一体の社会活動であると思っております。

この丸15年、大勢の仲間や関係者の支援をいただきながら、そんな思いを持って事業を続けさせていただいたことに心から感謝しております。
これからも感謝の気持ちを第一に、出来ることを確実に進めていきながら世の中の変化や時代の変遷をとらえた柔軟な活動を展開してまいりたいと思っております。
今後ともご愛顧願えれば幸いに存じます。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/02/09 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第555話>「聞こえる人たちとの交流を広げて」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.743) 2017/08/11より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今回のかがやきの思い入れは、「聞こえる人たちとの交流を広げて」ということについて紹介したいと思います。

先週末は、かがやき夢工場・かがやき夢農場・かがやき友の会の皆さんとバスに乗って、長野県大町市にある「木崎湖」に出かけてきました。
「デフ・カヌーフェスティバル」に参加するためです。

このイベントは、もともと長野県を中心に障害者でもカヌーを楽しめるように活動していた聞こえるボランティアの方の呼びかけで、私たちも参加し始めたことからこのような名前に変わりました。

なにしろ大所帯ですから私たちが大勢で参加すれば、そこかしこで手話だらけです。
聞こえない仲間が安全に水に親しんで楽しめるよう、ここ3年ほど私も一緒に研究と実験を重ねてきました。

今回はうわさを聞きつけて遠くから飛び入り参加されたろう者もいて、大変にぎやかなイベントとなりました。
夢にまで見た、水上手話サークルの誕生のようです。

下は20代から、上は80代まで、老若男女問わず普段を忘れてカヌーに乗ったり水に飛び込むなど思う存分遊んで参りました。

恐らく来年以降も続いていくでしょう。
今回初めて参加した方々は、来年も参加したいということで満場一致でしたから。

↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/02/02 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第554話>「明日から自然の中での楽しいキャンプ」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.742) 2017/08/04より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「明日から自然の中での楽しいキャンプ」と題して、明日から大勢で出かける「デフ・カヌーフェステイバル」についてご紹介したいと思います。

たまたま友人に誘われて、私自身が3年前に人生初体験をしたカヌー。
これは場所によっては初めての高齢者でも健康的に楽しめると思い、かがやき夢工場及び夢農場の「健康増進施策」の1つとしてすぐに取り入れました。
結果は上々で体験した人がまた仲間を誘い、だんだんとカヌーに乗るメンバーが増えてきました。

私を誘ってくれた友人はもちろんカヌーの達人で、他の障害を持った人たちのサポート等もしています。
ところが私と出会ったことで、聴覚障害者へのサポートの比重が大きくなったようです。
仕方ありません、今まで危険だかから近づくなと教育された聴覚障害者も多いようですが、水の上や近くが、安全で健康的に楽しめると知ってしまったのですから。
伝染病が流行るように、次々と体験会に手をあげてきます。

明日からは長野県大町市にある水がきれいな「木崎湖」でのキャンプ&カヌーです。
参加者のほとんどが高齢の聴覚障害者ですが、皆さんから聞く話は「楽しみにしている」とか「わくわくしている」です。
その時挑戦すればよかったというような後悔を残さず、安全に楽しんで欲しいと思っております。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/01/26 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

【かがやきの思い入れ】<第553話>「死ぬまでにどういう人になりたいですか」 

字幕がつなぐ心の架け橋\|かがやきチャンネル
ニュース(No.741) 2017/07/28より

かがやきパソコンスクールの代表をしております益田です。
いつもメールマガジンのご愛読をありがとうございます。

今日は「死ぬまでにどういう人になりたいですか」と題して、毎週金曜日の夜に開放しているかがやき酒話サロンでの一幕をご紹介したいと思います。

弊社では、たまたま以前からのご縁のある方のご厚意で、社員を対象に「仕事研究」という業務改善手法を学ぶ研修を受けさせていただいております。

その中で「なんとしてもなんとかしたいこと」をテーマに掲げ、それを達成するための20の課題を出すという宿題がありました。

弊社社員の研修ではありますが、「良いと思ったこと」を酒話サロンに参加された方にも酒の席での話題にしながらざっくばらんに水平展開しています。

ところが「なんとしてもなんとかしたい」というテーマが見つからないという声がありました。

なるほど、そうでしょう。では・・・

ということで高齢者も多かったことから私のほうで「死ぬまでにどういう人になりたいですか」を考えて、それをテーマにしましょうと提案しました。

人に嫌われて寂しく無縁仏なるという人物を目指して今日を生きるのか、あるいはもっと違う人物になっていることをテーマにするかは人それぞれで良いのです。

ただ、そのテーマに向けて、20個くらいは「すべきこと」を具体化するところが夢を現実にしていく第一歩でもあろうかと思います。

もし自分自身が考える幸せな人物になりたいというテーマを持って、そのためにすべきことを具体的な方法や日付をつけて20もあげて実行すれば、叶わないまでも近づいていくことができることと思います。

私たちはなぜか酒の席で、そういう話をしています。
難しい話をざっくばらんに楽しむという時間は、私は有意義な時間だと感じております。


↓クリックして、応援していただければ幸いです。
★FC2blogランキング
★にほんブログ村
★経営 Blog Ranking
★起業家ブログ

【お知らせ】メルマガも発行しております。
よろしかったら、ご登録くださいませ。(^○^)

[2018/01/19 00:00] 聴覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)